11、東京都知事に注目

2017年7月 8日 (土)

自民はプロパガンダ戦に完敗した

 森友・加計問題に加え、稲田防衛相の失言、下村会長の金銭0002687問題等々から、マスコミの袋叩きに遭い、都民にNOを突き付けられました。この都議選の自民の敗北から、殆どのマスコミは大衆を騙すプロパガンダ(政治宣伝)がマダマダ通用すると手ごたえを感じたはずです。これは、戦後にアメリカが日本を間接支配する手先としてマスコミを利用した後遺症が今に響いているとみられています。
  プロパガンダの天才、ナチス・ドイツの国民啓蒙・宣伝大臣ヨーゼフ・ゲッベルスは、
「小さな嘘より大きな嘘に大衆は騙される」、
「大衆の多くは無知で愚かである」、
「熱狂する大衆のみが操縦可能である。」
娯楽の中に宣伝を刷り込ませ、相手に宣伝と気づかれないように宣伝を行う、宣伝したい内容を直接キャッチフレーズ化して強調・連呼せず、心の中で思っているであろう不満・疑問・欲望を遠まわしに刺激し暴発させる、もっとも速度の遅い船に船団全体の速度を合わせる護送船団の如く、知識レベルの低い階層に合わせた宣伝を心がける。」などの名言を残しています。このゲッベルスのアドバイスを受けて、ナチス総統ヒトラーは、カリスマ性と演説技術を完璧に練りこまれた演出・宣伝方法で国民を扇動し成功したとされます。
  小池都知事も演説の巧みさの他に、イメージカラー戦略、マスコミ対応などで、プロパガンダの天才・ゲッベルスの手法を本能的にマスターしていると思われ、益々勢いづいてマスコミと同調して大衆を煙に巻くのか。それとも、無敵の都議会運営から、今度は批判される側に回って右往左往する場面もあるのか・・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

惨敗は「全て自民がまいた種だ」

 昨日7月2日の都議選では、自民は23議席に激減する201773_imageという歴史的惨敗でしたが、実態も実力も未知数の都民ファーストに何か期待出来るのでしょうか。かつて、自民に代わる勢力を目指して結党し、マスコミの注目を浴びて、その追い風で誕生した政党は全て短命で何の成果も無く終わったことは歴史が証明しています。今日は「サーファーディ」ですが、波に乗れない初心者がスムーズに沖に出られるのか・・・
 さて、自民の小泉進次郎農林部会長は都議選の応援で、「自民党候補には本当にきつい選挙だと思う。間違いなく逆風だと思う」、「何で逆風かというと、間違いなく自民党がまいた種だ」と指摘したことが、最も的を射ていたと思います。それに反して、森友・加計問題や豊田真由子議員の罵詈雑言、稲田防衛相の防衛省、自衛隊として投票依頼発言、下村自民都連会長の献金問題などの集中砲火に言い訳だけの防戦一方では明らかに結果は見えていました。
 次から次へのスキャンダル攻撃に言い訳が出るのは人間の本性でしょうが、ただ見苦しいものです。そんな自己弁護より、まずは、「過ちて改めざる、是を過ちという」通りに、また、泣いて馬謖を斬るという信賞必罰の重要性の格言通りに、側近や大物であっても斬る度量を示すべきです。今の自民党には、この自浄作用が働く余地があるのか、それとも反省も自浄作用もないなら、国民からの信頼を失う一方であり、次の国政選挙や憲法改正などでも支持を得ることは出来ないと自覚すべきです。これまで「都議選は地方選にすぎない」という言い訳が聞こえていましたが、今回の惨敗は、言い訳も通用しない異常事態理解しているのでしょうか。しかし この惨敗は、自民への不満が一時的に「都民ファースト」に票が流れたもので、短命に終わると見られますので、本当に身を質して起死回生を目指して欲しいものです。
 それには、今回下野した方も当選した議員も、脚下照顧の言葉とおりに、あれこれ言い訳を語るより自分の足元をシッカリ見るべきです。
首相、都議選惨敗を「深く反省」 | ロイター
都民ファーストの会が49議席を獲得し、自民党が惨敗する結果に
  http://brandnew-s.com/2017/07/03/togisen/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

明日(7/2)は都議選です。

 近年、選挙のたびに「〇○チルドレン」や「〇○ガールズ」などと揶揄される新人が大量当選する現象が201771image見られますが、こんなときは、アジテーション(大衆扇動)が巧みな一人の政治家がバックに控えています。明日7月2日は都議選ですが、今回の選挙では「都民ファースト」に加わった「小池チルドレン」などと揶揄される新人が大量当選する見込みです。
 デマゴーグ(大衆扇動者)による政治は「ポピュリズム政治」と言われ、大抵の場合、有権者が間違った意思決定で進められる政治状況になると批判されています。ポピュリズム政治の特徴は、まず「敵役」を作り、その敵役に対して戦いを挑む「正義の味方」を演じてみせるリーダーが誕生しています。小池都知事の敵役は、都知事選以来、舛添前知事、鳥越候補、自民都連、内田茂自民都連幹事長、歴代市場長や幹部、石原元都知事、森五輪会長などを敵役にて、マスコミの注目を集めて、且つ味方にしています。
 このマスコミは、常に政権与党のスキャンダルネタに飛びつき針小棒大に拡散中であり、森友、加計学園問題、豊田真由子衆院議員のバカーハゲー暴言、更に、稲田防衛相の自民都議候補への防衛省、自衛隊として投票依頼発言、とどめは自民都連会長の下村衆議院議員が、加計学園から裏テクで200万円の献金を受けたとの文春砲など次々と集中砲火を浴びています。このように、敵にとって不利な情報を次々と報道して、自分が応援する側の不利な情報は一切報道しないならば、相対的に敵の評判を下げることになることは明白です。
 自民の二階幹事長も、国分寺市での都議選の応援演説で、「落とすなら落としてみろ。マスコミが選挙を左右すると思ったら大間違いだ」と挑発的に批判したそうですが、やり場のない怒りをマスコミに向けてしまったのでしょう。明日は、自民に対する風向きは最悪の中で、どこまで持ち応えることが出来るのか注目されます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

「手練手管」の小池百合子さん

 「手練(てれん)」は巧みな技、「手管(てくだ)」は人を自由に操る手段とされ、昔、吉原の遊2017621imageが客を引きつけるために、嘘をついたり、他の客に嫉妬させたり、気を持たせたりと、あの手この手を用いたことから生まれた言葉ですが、小池知事の手法は、正に、吉原の遊女の「手練手管」と見ています。
  「政界渡り鳥」、「シロアリ女王」、「風車のお百合」などの異名を持ち、細川護熙、小沢一郎、小泉純一郎など、時の権力者に露骨なまでに接近して、相手が力を失えば旦那を変えるという、正に吉原の遊女のテクニックです。今また、都民という旦那衆に「私は簡単には落ちない=焦らす」、「ポピュリズム=盛り上げ」、「写真集で=あなただけよと特別感を演出」するという「甘え上手」のテクニックは、正に吉原の遊女と同じと見ています。
 昨日提示した、「築地は守り、豊洲に移転する」という焦点が定まらない浅知恵は、1年近い時間を費やした割りには大して考えていない玉虫色の方法です。間違いなく、間近の選挙を意識して、豊洲移転派にも移転拒否派にも、いい顔をしたつもりと思っているはずですが、既に「二兎追うものは一兎も得ず」と看破されています。
 今の都民は、このように女の特技を生かした小池都知事に「焦らすだけ焦らされ」、カネ(税金)のかかる女に翻弄されている吉原の哀れな客に見えます。なお、「シンプル・イズ・ベスト」“Simple is best.”何事も単純が一番と言われる奥深い言葉も付け加えておきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月13日 (火)

公営住宅と築地のアスベストの違い?

 小池都知事は築地の土壌汚染を指摘され、「コンクリートなどで覆Imageわれ、法令上問題なく健康に影響を与えることはない」と見事なダブルスタンダードの返答をしていました。
 今回は、全国の公営住宅でアスベスト使用と居住者らが吸い込んだ可能性が報じられています。それでは、豊洲移転反対派の人達やマスコミは、築地の剥き出しのアスベストには、どんな見解を持っているのでしょうか。
 さて、発がん性のあるアスベストを使った公営住宅が、全国で2万2千戸に上り、専門家はアスベストを吸い込んだ可能性のある人は23万人余りに上ると昼のNHKで報じていますが、それを指摘するなら、築地市場のアスベストの危険性はどうなのでしょうか。築地市場のアスベストは、現在はどう処置したのか知りませんが、今年3月には、建物にたくさん使われ、剥き出しだった報じられていました。築地市場の建物のうち、発がん性物質のアスベスト(石綿)が使われている部分の延べ床面積が約4万7000平方メートルに上るそうで、都は除去を進めてきたが、都有施設の総面積の約16%で取り除けていないとあります。今も、働く業者はもちろん、都民・国民は、アスベストが付着した可能性がある食品を食べているのでしょうか。アスベストは目にも見えず、空中を浮遊し人体に入り込み、絶対に自然消滅はしないそうですから、付近の居住者や通行人の健康被害も心配なことです。今後も、不毛な豊洲移転の反対運動を続けるなら、築地で長年放置されたアスベストにも触れるべきです。
築地、石綿4.7万平方メートル残存 地震で飛散の恐れ :日本経済新聞
築地市場のアスベストの危険性
アスベストを大量に吸った場合、人体に悪影響があることがわかってます。石綿肺や肺がんの他、悪性中皮腫などの原因になるとされています。繊維が粉じんとなり細かく散り散りになったアスベストは目にも見えず、空中を浮遊し続け、人体に入り込み、絶対自然消滅しません pic.twitter.com/hcZ4eaTe6e

| | コメント (1) | トラックバック (0)

築地残すなら五輪道路どうなる?

 小池百合子都知事は、豊洲移転を前提に調整しつつ「築地ブランド」000201702201を生かすため、築地市場も売却はせずに、何らかの形で活用する併用案の検討を都庁幹部に指示したそうです。
 よく理解出来ないのは、築地市場移転後の跡地に通る予定の「環状2号線」の計画がどうなるのかです。つまり、築地市場を移転させても売却しないとなると、この「環状2号線」は2020年の東京五輪の重要な輸送路や駐車場にする計画も頓挫させることになり、大きな問題に発展することになります。
 結局、小池知事のやっていることは、独裁者の如く都知事の権力を振り回して、東京五輪という国家的事業まで潰しにかかっていることを都民は知るべきです。その手法は、ただ「石原・安倍・森・内田・自民都連憎し」というパフォーマンスで、反権力のマスコミと一緒なった空虚な騒動であることです。小田原評定という諺は、危機を前に何も決断できず、いたずらに時を空費したことで、結局は北条家の滅亡の原因となったことからとされますが、有本香著の『小池劇場』が日本を滅ぼす」では、現実にそのようになる虞を憂慮しています。最近の都知事の無駄遣いは、「猪瀬なし(貰っただけ)」、「舛添 税金1300万私的流用」、「小池は100億ドブに捨てた」となり、今も億単位で捨て続けていると批判されています。
 この移転の方針を打ち出したことで、都議選前に「決める都知事」の印象を焼き付けたい作戦は見え見えであり、どこまでもパフォーマンス優先のよう方です。

Image5
市場 豊洲移転で調整 小池知事指示、築地も活用 https://t.co/Fmugn04YuG

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

「策士策に溺れる?」小池都知事

 小池百合子都知事誕生で国民が学んでいることは、都政もImage5国政関係者も私利私欲のために悪だくみをする者の集まり「魑魅魍魎(ちみもうりょう)」の世界であること。豊洲移転、東京五輪、分煙、待機児童、都民ファーストを含め、取り巻く皆さんの思惑が複雑に絡み合う中で、小池知事もその一人として愚策を巡らせているのでしょう。
 さて、「豊洲や五輪には利権が絡んでいる」、「都議会は伏魔殿」、「冒頭で都議会を解散する」などと、マスコミも一緒になった「小池劇場」を連日見せつつ、都庁に乗り込み、「豊洲移転を延期」、「東京五輪の費用分担」などを見事に政局の道具にして、マスコミ報道を真に受けた愚衆から高い支持を得ています。そして、間近に迫った都議選(6月23日告示、7月2日投開票)を前に、都議会や自民、官邸との駆け引きが続く中、「地下空間の対処法を専門家が示す。一歩一歩安全を確保していく形で進める」と、告示前の移転を仄めかすような発言を見せたそうです。
 果たして、この判断が「都民ファーストの会」の支持アップにつながるのでしょうか。Image6
 「策士 策に溺れる」、「過ちは好む所にあり」、「泳ぎ上手は川で死ぬ」などの例えもあります。それにしても、確かな観る眼を持つ都民は「何も決めれない知事」と批判しているのに、選挙直前に決められては、「決断する都知事」のイメージを都民に見せる愚策でしょう。こんな、都民を小馬鹿にした策を弄していると、必ずしっぺ返しがあると覚悟すべきです。今度の選挙では、マスコミに煽られた愚衆が多く投票に行くことで投票率もアップして、同時に不勉強な議員も多く誕生して「小池チルドレン」などと呼ばれても、早期に政界から消えること必至です。「天狗の飛び損ない」、「墓穴を掘る」、「山師山で果てる」と言う言葉も付け加えておきます。
豊洲市場で追加策=移転判断材料、ほぼ出そろう―都専門家会議6/11(日) https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170611-00000045-jij-pol

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

都民は小池を知事に選んで大失敗

 小池知事は、「自分ファースト」「パフォーマンス重視」で都民を困らせ0001258204203200_ています。
 都知事が、あのまま猪瀬直樹氏や舛添要一氏だったら、或いは、昨年、増田寛也氏が選出されていたなら、今頃、豊洲に移転し、築地の跡地では環状2号線の延伸工事、東京五輪の準備などは、今よりは間違いなく順調に進捗していたはずです。それに、都議会の内田茂氏を諸悪の根源かのように祭り上げたり、石原元知事を貶める目的の百条委員会でも何も出ず不発に終わっていました。とにかく、マスコミと一緒になった、この一連の大騒ぎは何が目的なのか。これまで、「何も決めれない」、「あまりにもいい加減」で無為無策、失態・失政続きの小池知事を新進気鋭のジャーナリスト、有本香氏が一刀両断に切り捨てます。
 小池は、築地から豊洲の移転という大事業をまさに「鶴の一声」で議会に諮ることもなく延期すると独断で決めた正に独裁者です。「これだけ都民や業者が困っているのに不真面目過ぎる」、「豊洲の維持管理費は一日500万円もかかっているのに何とも思わない」、「小池都政が10カ月で出した損失は100億円超」で、猪瀬・舛添前知事らの無駄を大幅に超えているそうです。
<まえがきより>
 都政史上、きわめて異例なことだが、小池は、20年近くかけて進められてきた卸売市場移転という大事業を、一人で「延期する」と決めたのだ。彼女流に言えば、「私が決めた。わかりやすいでしょ」ということだろうが、ならば、これにより生じた巨額の損害は小池一人が負うべきである。<略>ビジョン・政策がなく、正当な手続きがなく、ファクトに基づくロジックがない。ないない尽くしで、ただ騒がしく他人を叩くだけのワイドショー政治。これは、けっして東京ローカルの問題でも、単なる権力闘争の一幕でもない。日本がゆっくりと自壊の道を進んでいく、その恐るべき一幕ではないか。

Koike_image_3

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

小池知事が自民を離党した影響

 来月7月2日投開票の都議選まで1カ月、最近の世論調査では、小池都知事が率いる「都民ファーストの会」が自民の後塵を拝する形にあり、豊洲問題でもImage4「移転賛成派」が「築地市場の再整備派」を上回っています。
 昨日は小池都知事が、自民に離党届を提出し、中途半端な立場を解消したと報じられましたが、そこで、微妙な立場に回ったのが国政では自民と連携する公明です。都議選の選挙用ポスターには、小池知事と公明党候補が並んで掲示され、一体感を強調しています。
 思えば、去年の都知事選(7月31日)では、小池氏が先走って出馬表明して自民から反発され、結果的に自民推薦の増田寛也氏が出馬し、小池氏は自民と対決した以来、確執が強まっていました。結果は、小池氏が300万近い票を得て当選したものの、実際は、自民や公明党支持者の半数は増田氏ではなく、小池氏に流れたと見られていました。
 今回、小池知事が自民を離党した影響で、都民ファーストと連携を強める公明党は一層微妙な立場に回った模様です。つまり、公明は都議会で自民党と対立する都民ファーストとの連携をアピールしつつ、国政では自民との連携を図っており、まるで二枚舌のダブルスタンダードです。
 果たして、公明は、国政と地方は別だとして、都政は「都民ファーストの会」と連携、国政では自民との連携するという、「裏表がある」「調子がいい」「信用できない」態度を続けるのか・・・既に両者の限界は見えたと感じています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月31日 (水)

豊洲問題は八ッ場ダムの二の舞か

 何も法的根拠もないし、国民が頼んでもいないのに、マスコミには、時の政権の監Image視役が期待されているそうです。しかし、そのマスコミが時の政権と一体化したときの恐怖は、戦前に共産主義者の近衛文麿とマスコミが一体で戦争に向かわせたことや、マスコミの支持で誕生した民主党政権の悲惨な結果を見れば明白です。
 よって、自民党の安倍政権に対する、あらゆる手法を使った辛辣な悪口・皮肉・攻撃が本来の姿であっても、その通りに選挙結果に現れて、世の中が動くことは殆どありません。つまり、騒ぐだけのデモ隊やマスコミが世論を形成しているのではなく、サイレント・マジョリティ(物言わぬ多数派)がシッカリと判断しているからと見ています。
 しかし、小池都知事に対する現象は、民主党政権誕生当時と情勢が酷似して危険です。思い出すのは、民主党政権が「コンクリートから人へ」と訴えて、八ッ場ダムの建設を中止したことです。この中止から被った大損失と無駄に消費した工事停止中の補償額は莫大なものでした。そして、今、スカイツリー10本分の約6000億円を費やした豊洲市場も、小池都知事は共産党やマスコミと一体となって棚上げにしていますが、いずれは八ッ場ダムの二の舞を演じることになりそうです。豊洲市場もいずれは築地から移転することになり、無駄に費やした期間と、関係業者や都民にかけた莫大な迷惑や補償費、更にモヤモヤ感だけが記憶に残るはずです。

2017531image3

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧