10、初めて知ったこと。

2017年7月18日 (火)

「鹿児島警部に茨城巡査」の理由

 最近、著名な旧・水戸藩士をご先祖に持つ方と知り合いましたが、幕末当0020160515175142時の国難で本当に優秀だった水戸藩士の殆どを失い、明治以降も冷遇され続けた歴史を知りました。水戸藩は徳川御三家(尾張・紀伊・水戸)の一つとして、唯一、参勤交代を行わないで、江戸常駐を義務付けられた別格扱いの藩として、徳川幕府の万が一の護りに備えたそうです。
 また藩校「弘道館」は、第9代藩主徳川斉昭公により1841年に創設されましたが、武芸一般は当然とし、医学・薬学・天文学・蘭学など幅広い学問を採用した総合大学にようなもので、水戸学の藤田東湖も創立に貢献し、会沢正志斎や青山拙斎など当代一級の教授陣を揃え、幕末には、橋本左内や西郷隆盛、吉田松陰ら多くの人材が留学しています。
 しかし、幕末期には1853年のペリー来航、1854年に日米和親条約、1858年7月29日に日米修好通商条約が締結され、1858年9月14日には、孝明天皇が戊午の密勅(ぼごのみっちょく)を幕府を無視して水戸藩に直接発されたことが発端となり、
安政の大獄 (1858~1859)、
桜田門外の変(1860)、
坂下門外の変(1862)、
天狗党の乱(1864)、
会津戦争(1868、明治元年)
などの国難で優秀な人材400人以上が失われ、明治政府の要職に就いた人は皆無とも言われています。
 さて、主に幕末以降に地域蔑視に用いた言葉に、「鹿児島警部に茨城巡査」、「薩摩の大将、肥後の中将」、「白河以北一山百文」などがあります。今回は鹿児島警部に茨城巡査に触れますが、薩摩藩の西郷隆盛は腹心の川路利良に新時代に相応しい警察制度の導入を命じ、1871年(明治4)東京府で3000名の邏卒を採用し、更に明治7年(1874)1月、東京警視庁が設置され邏卒は巡査と改称されました。その長官は、邏卒制度導入以来の川路利良(としよし)が就任。また、階級を大警視、権大警視、少警視、権少警視、権大警部、中警部、権中警部、少警部、権少警部、警00029921580x436部補、警部試補、一等・二等・三等・四等巡査という構成で今とは随分違っていたようです。
  警察制度導入当時は、殆ど士族から採用されましたが、士族の採用には首都治安維持以外に、武士の失業対策の意味もありました。この時、江戸当時の与力や同心も採用されたのですが、それでは不足し鹿児島から2000人、他藩の士族1000人と合わせて3000人が採用されています。まず困ったのが階級の割り当てで、特に鹿児島出身者の多くを警部以上で採用し、他藩の多くは巡査として採用したようです。このとき東京に比較的近い旧水戸藩士も多く馳せ参じたのですが、殆どが巡査採用だったそうです。
 つまり鹿児島警部に茨城巡査は、最初からエリート扱いの鹿児島人と出世できない茨城県人を対比したように捉えられますが、それは警察制度発足当初のことで、今はこのような差別は無いと聞きます。明治期は、警察だけでなく政府や陸海軍の要職をほぼ薩長土肥出身者が独占した中でも、賊軍とされた幕府や会津藩からも有能な人材は登用されたのに、水戸藩からは思い浮かぶ方がいません。
 尚、桜田門外の変で襲撃した18人のうち、ただ一人の生き残りの海後嵯磯之介(1826-1903)は、明治期に警視庁巡査を拝命しています。
■第3週6話安政の大獄と桜田門外の変【CGS 倉山満】
    https://youtu.be/I_iefNcB2kk
  歴史ミステリー 桜田門外の変の謎 安政7年3月3日(1860年3月24日)
   https://youtu.be/Vb21JYmj6p0
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月 4日 (土)

高度の眼とAIの組合せで領域拡大

 証券取引の「相場操縦行為」を監視する為に、日本取引所グループImage3は世界で初のAI(人工知能)を導入するそうです。このように、AIが人間以上の高度のを合わせ持つことで、利活用の分野が大幅に拡がる可能性があり、日本は、この分野で千載一遇のチャンスが待っています。
 地球上の生物は約5億5千年前のカンブリア紀に「」を持った生物が誕生したとき、それまで数十数種しかなかった生物が突如1万種も爆発的に増加しましたが、これを「カンブリア紀の大爆発」と呼ぶそうです。そして、三葉虫は最初に視力をもった生物の一つと考えられ、弱肉強食の流れが加速したことが生物の種類が爆発的に増加した要因とされるそうです。
 さて、3月3日のBSフジのプライムニュースでは、イメージセンサ(撮像デバイス)の埋込フォトダイオー00000maxresdefaultドを発明した兵庫県立大学と静岡大学の特任教授を務める寺西信一さんが、今年の「エリザベス女王工学賞」の受賞者であると同時に、イメージセンサ(CCD及びCMOS) のことも紹介していました。まずこの賞は、2013年から2年に1度で3回目の新しい賞で、これまでインターネットの開発者や薬を体内の狙った部位に運ぶ「ドラッグ・デリバリー・システム(DDS)」の開発者に贈られているそうですから、今回、寺西さんが選ばれたことは凄いことです。
 先日、「ソニーセミコンダクタソリューションズ」の方々とお話しする機会があり、その際、「ソニーのイメージセンサーは世界最高の電子の目で、自動運転の車やロボットの画像センサーに使われている」と聞きましたが、今一つ重要性が理解出来ませんでした。今回、プライムニュースの中で、寺西信一さんらから「日本は、この分野で千載一遇のチャンスが待っている」とお話しがあり、その価値が理解できました。今後、AI(人工知能)が人間以上の眼を持つことで、「カンブリア紀の大爆発」が日本から起爆する予感がしています。
■3月3日のBSフジのプライムニュース
https://youtu.be/69_KOW5Zaa4

世界初 不正監視にAI導入へ 日本取引所グループ | NHKニュース

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年10月 2日 (日)

自動車の後退灯は1個でいい

  最近、お客様の車をバック誘導していますと、バックランプが一個しか点灯しImage1ていないことに気付き、「バックランプが一個しか点いていませが・・・・」と伝えますと、「バックランプは自分では確認出来ないので・・・」と感謝されました。しかし、お客様がお帰り後に調べますと、長さが6m以下の普通の自動車にあっては「後退灯は1個又は2個でいい」と知り、慌てて訂正のご連絡を入れたことがありました。
 調べますと、スバルのレボーグやフォレスター、寒冷地仕様のプリウスあたりは左側1個だけで、右側はリアフォグランプが内蔵されているのだそうです。
 殆どのドライバーは、ご自分一人でライト周りなどの士業点検を行っていると思いますが、駐車場所の後方に壁や鏡などがあって、その反射からバックランプやウィンカーの状態を運転席から確認できる方は少ないと思います。
 「後退灯は1個」でいいという根拠は、「道路運送車両法の保安00backlamp2基準」に規定してありますが、一個が原因で事故が多発するようなら、自動車メーカーも見直すのでしょうが、その車のバックランプはLEDなのか、かなり明るく感じました。それに、お客様がメーカーにクレームを入れてからでは、お互いに恥をかくところでした。
[PDF](後退灯) 後退灯の灯光の色、明るさ等に関し、保安基準 http://www.mlit.go.jp/common/000187662.pdf
長さが6mを超える自動車(専ら乗用の用に供する自動車であって乗員定員 10人以上の自動車及び貨物の運送の用に供する自動車に限る。)にあっては 2個、3個又は4個
ロ 
それ以外の自動車にあっては、1個又は2個

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年3月 4日 (金)

立地が最高「京王高尾山・極楽湯」

 先日昨年秋、開業したばかりの「京王高尾山温泉 極楽湯 」を利用して000000000000calender_marchthumb来ました。
  この日帰り温泉は、2015年10月27日開業ですが今回初の利用です。風呂は全部で7種類。平日なのに全てに5~6人が浸かっていて相当の混雑振りです。場所は、京王高尾線・高尾山口駅に隣接する好立地で、真言宗智山派・薬王院の参拝客や高尾山登山帰りの客が多いことが、会話から推察できます。
 風呂の種類は、「天然温泉 露天岩風呂(ぬる湯・あつ湯)」、「炭酸石張り風呂」、「座り湯」、「檜風呂(マイクロバブル)」、「替り湯」、「サウナ」、「水風呂」などてんこ盛りです。利用料金は大人1,000円で、他よりやや高目でした。駐車場は約110台分で3時間まで無料で、一見余裕に見えますが、混雑する日は停めることが出来ないそうです。個人的にお奨めの風呂は、「替りゆ(この日は桃の湯)」、「炭酸石張り風呂」、「檜風呂(マイクロバブル)」、「サウナ(テレビ付)」で、合計1時間30分も利用していました。 難点は、ゆっくり足を伸ばすことが出来る休憩室が少ないことでしょうか。
 この日も居場所がない程の混雑で、立ったままの休憩?でしたが、これも回転を良くするための作戦なのかと見てしまいました。因みに、高尾山はミシュランガイドの観光地部門で7年連続三ツ星の最高評価を獲得し、登山客数は年間約260万人で世界一を誇るそうです。また、昨年テレビで知ったことですが、高尾山(599m)は、ブナなどの温帯林(落葉広葉樹林)とカシなどの暖帯林(常葉広葉樹林)が接している、とても珍しい山で約1,600種の植物が自生しているそうです。都内にあって交通の便が良く、登山・寺院参拝・温泉などをセットで堪能出来る数少ないテーマパークでしょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年2月19日 (金)

湯楽の売りは「炭酸泉=心臓の湯」

 数年前に多摩川沿いの清化園プール跡地に日帰り温泉が出来たこと0000000e2_2は知っていましたが、隣接の「スーパーバリュー」で買い物ついでに、国立「湯楽の里」を初めて利用しました。
 ここは「炭酸泉=心臓の湯」が売りと思います。
 「炭酸泉」は正式には「二酸化炭素泉と言われ、CO2が溶け込んだお湯のことです。温泉では、1ℓ当り250ppm以上の炭酸ガスが溶け込んでいると「炭酸泉」と言うそうで、1リットルのお湯に1,000ppm以上だと効果が高く、「湯楽の里」は基準を満たしています。「炭酸泉=心臓の湯」はドイツでは心臓病治療に利用されるほどで、15分以内の入浴が効果的と注意書きもありました。入ると直ぐにも気泡が身体中に付着し、炭酸ガスが身体の中に浸み込んでいる感触です。
 「CO2」は、地球温暖化の原因とされるなどイメージが悪いのですが、実は、喘息や過呼吸治療で知られるロシアの生理学者コンスタンチン・パヴロヴィチ・ビューテイコ(1923-2003)博士は二酸化炭素の重要性について、 「生命の理論、利益において、とりわけ二酸化炭素は地球上のあらゆる生命の基本的な栄養である。もし、それが消えてしまったら・・・、地球上で生存できる生命はいなくなるであろう。それは組織の内部環境を維持し、組織におけるすべての機能を調整する役割を果たす。それは、まさにビタミンの中のビタミンである。」と述べています。
 また、「CO2が十分でない状態では酸素をいくら取り込んでも無駄で、しかもCO2不足だけでなく酸素不足にも陥ってしまうのです。酸素不足になると身体は血管を収縮させ、何とか血液を流して細胞を救おうとします。高血圧も結局はCO2不足からくる深呼吸病の一種で、言うなれば身体の自然な反応であ00003200_るということです。」と紹介するサイトもあり、人間の身体にはCO2が大切なことを始めて知りました。それでは、家庭の風呂で出来ないかと探しますと、「炭酸くん」という炭酸ガスを発生させる機械を販売していましたが、30万円ではまだ高価と思います。また、高価な機械や入浴剤を使わなくても、「重曹 大さじ2杯」、「クエン酸 大さじ1杯」、「粗塩 大さじ2杯」を混ぜるだけで炭酸風呂を作ることができるそうですので試してみようと思います。
■「湯楽の里 」〒186-0011 東京都国立市谷保3143-1 ☎042-580-1726

0000000e220

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年2月13日 (土)

国分寺市のロケット模型は400万円

 やや旧聞に属する話ですが、2月9日の開運!なんでも鑑定団(テレビ東京)には、東京都国分寺市所有のラムダロケットの風洞試験用の模型が出品されていました。
 なんと、鑑定結果は驚きの400万円でした。Image2

 国立市の東に隣接する国分寺市は「国分寺」の名のとおり、、市名の由来は国分寺市西元町1~4丁目付近の武蔵国分寺という寺からです。また、「日本の宇宙開発発祥の地」であり、更に国分寺市光町は「新幹線発祥の地」として、新幹線名の「光」から頂いたほどの古い歴史と新技術の街でもあります。
 ※地名「光町」の由来は新幹線「ひかり」 (2015.02.16)
 その、国分寺市光町の「㈶鉄道総合技術研究所(旧・鉄道技術研究所)」は我が社の隣です。今回、開運「なんでも鑑定団」に登場した依頼人は、国分寺市役所の「Image1まちの魅力発信担当係」に勤める係長さんでしたが、国分寺の売り口上を全てをさりげなくアピールしていました。
 そして、鑑定に出品したロケット模型は、管理を委託され市庁舎で保存しているそうですが、誰も真相を知らないことから、鑑定依頼したとのことでした。今回、「なんでも鑑定団」でロケットの最先端技術者に調べてもらった結果、「日本の宇宙開発の父」とされる糸川英夫博士が、研究していたL-4Sロケット(ラムダ-4エスロケット)の風動力学模型と判明したそうです。「なんでも鑑定団」の山田鑑定士は、「一応、400万円という値をつけましたが、国立博物館級です!」とのコメントでした。 
 昨日辺りから「重力波」の発見が話題になっています。
 アインシュタインが一般相対性理論で100年前に存在を予言し、宇宙の謎を解く鍵として注目される「重力波」ですが、物理学者ボブ・ラザー博士は、「UFOの推進力は重力波」と証言していることも、急に説得力を帯びてきました。
 重力波を利用した、光速の推進力で移動が可能な乗り物が開発されるのか。
 1955年(昭和30年)4月12日、国分寺市本町一丁目にある新中央工業跡地(現在の早稲田実業学校)において、ペンシルロケットの水平発射実験に始まった日本の宇宙開発は、60年を経て、いまや押しも押されもせぬ域に到達 しております。あと数十年で、どのように技術や科学が発展して、どのような乗り物が開発され、どのような世の中が到来するのかと夢が広がります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)