01、個人的に関心を持った話し

2018年1月13日 (土)

皇后さまの歌に感銘する

 1月12日、皇居で新年恒例の「歌会始の儀」が「」をお題に行われ、天皇、皇后両陛下、皇太子、皇太子妃、皇族方の歌が古式ゆかしく披露されたほか、一般応募の2万453首の中から入選した10人の歌なども詠み上げられていました。
▽天皇陛下
 語りつつ あしたの苑(その)を 歩み行けば 林の中に きんらんの咲く
▽皇后さま
 語るなく 重きを負(お)ひし 君が肩に 早春の日差し 静かにそそぐ
▽皇太子さま
 復興の住宅に移りし人々の語るを聞きつつ幸を祈れり
▽皇太子妃雅子さま
 あたらしき住まひに入りて閖上(ゆりあげ)の人ら語れる希望のうれしImage2
でしたが、特に、皇后さまは、象徴のあるべき姿を求めてきた陛下の30年の歩みを思いつつ、穏やかな早春のある日、陛下の肩にそそぐ日差しに心を止めた歌に感銘を受け、胸が熱くなるものがありました。
 皇后さまは、かつて「御所に上がって50年がたちますが、『象徴』の意味は、今も言葉には表し難く、ただ陛下が『国の象徴』また『国民統合の象徴』としての在り方を絶えず模索され、そのことをお考えになりつつ、それにふさわしくあろうと努めておられたお姿の中に、常にそれを感じてきたとのみ、答えさせていただきます。」と語っておられたことも思い出しております。
 何も語らなくても、早春の日差しと皇后さまだけは知っておられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月12日 (金)

何事も予防は大切と思います

 これまで発生が無くても想定外の事は起きるものです。街や家の防犯などと同様に出来るだけ、きめ細かい対策は大切と思います。00tori
 香川県さぬき市の養鶏場で一晩で55羽の鶏が死んでいるのが見つかり、高病原性鳥インフルエンザの感染と確認され、鶏約9万1000羽の殺処分を始めたそうです。また、この養鶏場の半径3キロ以内にある9つの農場も鶏や卵の移動を禁じる措置が取られました。これまで四国では、発生が無かったそうですが、何らかの対策が必要でしょう。
 画像はhttp://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/8/18958.html から。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

「不惜身命」を貫く貴乃花

 「不惜身命」とは日蓮宗が大切にする「法華経」にある教えで「命を0000099惜しまず懸命に尽くす」いう意味だそうです。これは、1994年(平成6年)貴乃花が 22歳で横綱に昇進した際に、「力士として相撲道に『不惜身命』を貫く所存でございます」と使者に答えたことで一躍世間に知られたのですが、後に俳優の緒形拳が伝授したと暴露していました。それでも、最近の貴乃花の生き様からも、この教えを大切にしていることが分かります。平成6年と言えば、バブルがはじけたことがハッキリした頃で、建設業界も低成長期に突入したことが顕著でしたが、若貴人気は数少ない明るい話題として注目したImage1ものでした。
 さて、今年も年頭から、立行司の式守伊之助が若手行司にセクハラ行為が発覚したと報じられるなど相撲関連の話題が多いようです。自民党の石破元幹事長もTBSの「時事放談」で、貴乃花親方の理事解任など一連の問題に、「外からうかがい知れない習慣は変えていかなければいけない」、「古い伝統の競技であるだけに、いろんな外からうかがい知れない習慣、そういうものは、やっぱり変えていかなければいけないんじゃないか」と発言しています。テレビなどで発言する、相撲記者やコメンテーターからは、「無言を貫く貴乃花は動機が不純だ」とする意地悪な批判派、「雄弁は銀、沈黙は金」「無言こそが多くを語っている」とする賛同派に分かれているようです。貴乃花親方は相撲協会の理事会でも多勢に無勢と言われて00204203200_いますが、「日本相撲協会」は2014年に公益財団法人に移行したばかりで歴史の浅いところですから、今も手探りで運営している何かと問題も多い組織なのでしょう。
 相撲は神代からの古い歴史と伝統があるのですが、実際は国技でも武道でもない、単なる見世物(興行)としての長い歴史があるとされます。しかし、貴乃花は現役時代から八百長問題に厳しく、それを嫌ったと言われていました。よって、力士を育てる親方や協会の役員として、星の借り貸しなどの八百長相撲を許さない信念を貫く、不惜身命の貴乃花親方の姿勢が注目されます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年12月26日 (火)

日本人は縄文の昔から鮭を食べていた

  日本人とサケの繋がりは深く、4000年以上昔の貝塚からも多くの鮭の骨が見0026806つかっているそうです。先日、山形県遊佐町出身の友人から「鮭の味噌粕漬け」を頂いたばかりの折り、昨日25日の「世界!ニッポン行きたい人応援団スペシャル」(テレビ東京)では、塩鮭をこよなく愛するアメリカ・ナッシュビルのダニさんという女性が、山形県遊佐町と新潟県村上市を訪問して、「日本で鮭料理を学びたい! 塩鮭を食べてみたい!」という企画が放送されていました。
 山形県遊佐町では「桝川鮭漁業生産組合」の組合長・尾形修一郎さんら0002589811が、また、村上市では「越後村上うおや」の大女将・上村八恵子さんらが対応されていましたが、いずれもいい宣伝になったはずです。鮭は生まれた川から海に出て4年ほどで故郷に帰る回遊魚であり、生まれ故郷の川のニオイを嗅ぎ分けて帰ってくると言われますが、ダニさんも、四年後ではなく毎年来たいとのリップサービスのコメントが印象的でした。今晩は、「鮭の味噌粕漬け」を焼いて一杯と行きたいものです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年12月22日 (金)

「コテを持てば伊豆の長八」

 「ノミを持てば左甚五郎コテを持てば伊豆の長八・・・・」などと00204203200_、随分前に伊豆方面のバス旅行でバスガイドの名調子が今も耳に残っています。江戸初期に天下の名工として名高い播磨国明石出身の左甚五郎は、日光東照宮の「眠り猫」などで知られていますが、幕末から明治にかけての名工(左官職人)は静岡県松崎出身の入江長八は鏝絵『八方にらみの龍』などが有名であり、共に多くの職人から神様の如く慕われています。
 伊豆の長八が、コテ絵を芸術の域まで高めたと言われる「漆喰鏝絵(しっくいこてえ)」は、なまこ壁などに使う漆喰を鏝でレリーフ状に盛り上げ、顔料などで彩色する技法で、その作品は1880年(明治13年)竣工の旧・岩科学校の鶴の間の千羽鶴や、昭和59年建設された浄感寺内の伊豆の長八美術館で観覧できます。なお近年では、天井絵『八方にらみの龍』が残る、長八の菩提寺・浄感寺(じょうかんじ)で、例年「長八まつり」が行われ「長八供養祭」や「全国漆喰鏝絵コンクール」が同時に行われています。00000011
伊豆の長八美術館
 所在地:静岡県賀茂郡松崎町松崎23 
 電話:0558-42-2540
  入館料 大人:500円(中学生以下無料)
 開館時間:9:00~17:00(年中無休)
重要文化財・岩科学校
 所在地:静岡県賀茂郡松崎町岩科北側442 電話:0558-42-2675
 入館料:大人300円(中学生以下無料)
 開館時間:9:00~17:00(年中無休)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年12月13日 (水)

被害者・貴ノ岩関へ配慮すべき

 大相撲九州場所(12日初日、25日千秋楽)に引き続き、11月25日~12月1日まPosterで「犯罪被害者週間」が行われましたが、この内容や活動などをマスコミが率先して報道することは殆ど無いようです。それは、犯罪被害者の人権を無視するのはマスコミ自身と言われているからでしょうか。
 犯罪被害者は身体的・精神的・経済的に大きな打撃を受けることが常なのに、これを追い打ちするように、マスコミ報道によって、被害者の名誉や人権が傷つけられたり、日常生活の平穏を脅かす犯罪被害者への二次被害が後を絶ちません。興味本位の噂や心ない中傷などを、テレビ・新聞・週刊誌などのマスコミが煽り立て、被害者だけでなく、家族や周辺の方々まで社会的バッシングが行われる現実に日本社会の恐ろしさを感じています。
 犯罪被害者の加熱報道が問題視されたのは、 1997年(平成9年)に渋谷区円山町で発生した「東電OL殺人事件」と記憶していますが、マスコミは連日興味本位に被害者のプライベートを暴露するという心無い報道を機に、犯罪被害者支援制度が検討され、その支援の対象となる事件は、殺人、傷害、強姦などの身体犯、ひき逃げ事件、交通死亡事故、その他必要と思われる事件の被害者が保護されるとありますから、傷害事件被害者の貴ノ岩関も含まれるはずです。
  10月下旬、鳥取市内のラウンジで、横綱日馬富士関が貴ノ岩関を素手やカラオケのリモコンで殴り、頭部にけがを負わせたという傷害容疑は、憶測に次ぐ憶測を呼んでいますが、単なる興味本位の報道は国民を間違った方向に誘導することになりかねません。スポーツジャーナリストの二宮清純氏は「(貴ノ岩が)被害者であることはハッキリしている。被害者サイドに明らかな落ち度があったわけでもないし、救済制度を考えてもいい」との見解が唯一の救いに見えます。因みに、「犯罪被害者週間」の最優秀標語は、田中睦月さんの「あたたかさ 伝わる言葉 あなたから」でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年12月10日 (日)

洗車は「ママレモン」?で

 大手自動車メーカーOBの友人が、「台所用洗剤のママレモンは、勤めて000sl1000__2いた会社でも、ずいぶん前から洗車に使っていた。NASA(アメリカ航空宇宙局)でも使っているらしいよ!」と、自慢げに語るほどの油汚れに強い洗浄力と聞いています。以来、我が家でもママレモンは食器洗いの他に、洗車用としても欠かさない存在として常備している一品になっています。
 先日も洗車の際に台所から持ち出して、バケツの水にママレモンを数滴入れて薄めて、十分に泡立ててから使ったのですが、車体にこびり付いた頑固な汚れから窓ガラスの油膜まで簡単に取れ、改めて頼もしさを実感しています。もっとも最近では、何も「ママレモン」に拘らなくても似たような成分の洗剤や、カー用品店には専用の洗剤も多数並べてあるので、それに切り替えてもいいのでしょうが、若い時から大手メーカー御用達のイメージが定着しています。Taiya_01
 なお、洗車は水道ホースで伸ばして車の側で使える状態にして、ワックスやネンドクリーナーのほか、、タオルは、タイヤ用、洗車用、ふき取り用、ワックスふき取り用など別々に準備しています。
■我流の概ねの順序は、
1 「水で洗車」~タイヤや車体の汚れを軽く水洗いする。
           ボディを冷やす意味もある。
2 「シャンプーを作る」~バケツの水にママレモンなどでクリーミーに泡立て、ムートンやスポンジなど柔らかいもので、上から汚れを洗い落とす。
3 「ふき取り」~乾く前に専用タオルで拭くのが大原則です。 
4 「ワックス」~固形ならスポンジを90度軽くねじって付着させて、軽くボディに塗布し、ワックス専用布巾でふき取る。最近では、コーテング用に色々販売されているようですので、いずれ試してみようと思います。なお、「鉄粉落とし」や「水垢取り」は必要以上に神経質にならないようにしていますので、今回も省いています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年12月 1日 (金)

明治150年と「西郷(せご)どん」

 将来、「坂本龍馬」「大岡忠相(大岡越前)」「武田信玄」「上杉謙信」「吉Kieru_na田松陰」などの名が歴史教科書から消える可能性があるそうです。それぞれ小説やテレビ・映画などの題材にされる超が付く有名人ですが、本当の歴史研究者とは評価が分かれるようで誇大評価された人物のようです。特に、坂本龍馬は司馬遼太郎が小説『竜馬がゆく』と名前を使い分けて他の人の手柄まで竜馬の手柄のように盛り込んだため誤解が広まり、多くの史実と違う点が指摘されています。実際は、グラバーや西郷隆盛のパシリ程度の役回りだったそうですから正当な扱いでしょう。
 さて、来年のNHK大河ドラマは林真理子原作の「西郷(せご)どん」と発表されましたが、きっと、来年は「江戸幕府、一夜むな(1867)しく崩れけり」から150年の節目だからと思われます。西郷隆盛は3度死んだ男と言われ、2度の島流し3度の結婚を経て、徳川幕府を転覆させ明治維新を成し遂げます。しかし最期は、自ら誕生させた明治新政府を相手にして敗れ、官位を全て剥奪され逆賊と呼ばれつつ生涯を閉じています。ところが、明治22年、大日本帝国憲法発布に伴う大赦が決定されると、明治天皇は名誉を回復し正三位を贈っています。0008526image
 この恩赦には、山形県の旧庄内藩士が藩主とともに100日余りも西郷と過ごした際に、西郷の言行をまとめ『西郷南州遺訓』として出版して、全国各地へ奔走し名誉回復の理解を求めた活動があったことは殆ど知られていません。何故、江戸~明治の激動の時代に、遠く離れた鹿児島と鶴岡の両雄が親睦を深めるに至ったのかは、別の機会に触れたいと思います。なお、鹿児島市と山形県鶴岡市は兄弟都市であり、隣接の酒田市には「南洲神社」が建立されています。
舛添知事が都職員に訓示した言葉: 大日建設の社長日記

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年11月28日 (火)

貴乃花・貴ノ岩「ガンバレ!」

 本当の相撲ファンは、「貴乃花・貴ノ岩 ガンバレ」と間違いなく応援しています。
 そして、この挨拶からも、貴乃花親方の弟子や相撲に対する想い、国技・相撲道の発展の願い、更に、人間としての生き方、誇りと信念が伝わってきます。
■ノーカット・貴乃花親方 本場所が終り心境、本音を語る!
    https://youtu.be/uIzdlSj9P0U
 

■以下スピーチ全文
 皆さんこんばんは。高いところから失礼いたします。
 周りがとっても騒がしく、ご迷惑をおかけいたしております。この場を借りてお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした。
 実は貴乃岩がこういうふうになりまして。まだ基本的に警察の方の捜査が進展しております。なので、私はマスコミさんにも接触も一切お答えせずに(いました)。最初に貴乃岩が普通に稽古場で傷ついた、少しキツめに稽古をしたというような、俗に言われる“しごき”ではなくて、夜の街でけがを負って帰ってきたということで、「いろんなたくさんの憶測を生んでいる」と言っている報道関係者の皆さま方が憶測を作っております。
 私は巡業部長として、相撲協会の理事であります。そして、巡業部長というのは、各部屋から250名の相撲協会員を預かる総責任者でもあります。今回の件に関しましては「たまたま貴乃岩がその傷を負ってしまった」と簡単に言えないことですが、そう皆様にご理解いただいたとしましたら、他の部屋の力士、巡業参加の力士がその傷を負ったとしても、私は同じく、正面を切って警察の方にご相談に行きます。これが信念でございます。
 そして公益法人たる姿を…巡業部長の責任、理事の責任以前に、力士たち、協会員が傷を負って帰ってきたのであれば、それをすぐさま捜査(の依頼をします)。どのような状況で行われたか、誰が被害者で誰が加害者か。正当に裁きをしていただかなきゃいけないというのが、巡業部長の責任であります。仮に私の弟子が他の力士、もしくは他の一般の方へ危害を加えたのであれば、もっと公にして捜査をお願いしている次第です。
 そういった私の本意をもてあそぶかのように、報道等はなされております。私は慣れて…入門したてのころからこのような状態に多々ありましたので、慣れてはいるのですが。田川(市)に宿舎を構えていて、田川の後援会の皆さま方、また私の血筋、血縁以上の懇意な後援会の皆様方に大変ご迷惑をおかけしているのは、これは間違いありません。
 ただ今場所の救いは、淡々と弟子とともに本場所をするなかで、貴景勝が今日も勝ち、来場所三役候補の一員になれた(ことだ)と思います。これもひとえに、普段からの田川の皆さま方のご支援があってのことでございます。本当にありがとうございます。
 皆さんご心配してくださっていると思いますが、貴乃岩の容体です。貴乃岩の容体は、普通の転んだり普通に殴られたりでできるような傷ではございません。それを、私が最初隠していた本人から傷口を見て、早期に行動を起こしたというまでです。現状は警察の、鳥取警察署にまずご相談をして、そこからすぐに県警へとあがったという次第です。地元の警察の方々も、私の意向、意思を汲んでくださり、捜査をしてくださっております。
 その捜査状況も私は知らなくて当たり前ですが、存じ上げません。ですので、まずは報道の方々にはお願いしても無理な話なんですが、私に「しゃべれ」「しゃべれ」と言います。ただ、しゃべるだけ貴乃岩の傷が癒やされない状況になっていくことは間違いございません。これは教科書には書いておらず、私が入門したてのころからマスコミさんとお付き合いのなかで学んだことです。
 とにかく貴乃岩も元気な姿で土俵に帰ることを。そして大相撲のファンの皆さん方、田川の皆さま方、多くは相撲をまだ見たことのない小さなお子さん、そういう子たちへ夢を、改めて大きな夢を抱いて勇気をもって帰ってきてくれることを指導していきます。----- (中略)---- とりあえず今日で千秋楽となりました。明日から1週間、土曜日にはもう巡業に出発いたします。それまでの間、いつも力士たちに言っているんですが、また次の場所が2カ月もたたないうちにやってきます。今場所が終わった次の日から、身体を休める、身体を鍛える、精神を養う、精神を休める、よく眠る、熟睡する。その心掛けが次の場所への土台になっていきます。(場所中の)15日間というのは、とても過酷です。それだけに、夜も朝も昼も鍛錬、食事、睡眠、これを心がけて三位一体で努力はもちろんのこと精進していく構えであるべきと考えております。私が自分でこの部屋の代を継いだ後にも、その以前から私の師匠の教えでもありました。
 けれども、私は自分の弟子で本気で相撲道に向き合う力士しか育てたくありません。また、その信念でやっております。決して相手を傷つけることなく、勝負が終わったならば、相手に手を差し伸べられるだけの度量、器量、実力を身につけさせたいと思います。うちの力士たち、私は常に怖い存在でいると思います。ですので、支援者の皆さま方をはじめに、とってもかわいく甘え上手なところがあるかもしれませんが、皆様どうか、彼らの人生を考えていただきますと、とにかく厳しく。休みながらこそ、眠る、食べる、鍛えるということをやっていくようなお力添え、ご指導、ご鞭撻を彼らにいただけましたらと思います。そしてやはり、日本国体を担う相撲道の精神、相撲道の精神とは、角道と言います。角(くら)べる道と書きます。私どもが相撲協会教習所に入りますと、陛下が書かれた角道の精華という訓があります。これを見て、いちばん最初に学びます。
 この角道の精華に嘘つくことなく、本気で向き合って担っていける大相撲を。角界の精華を貴乃花部屋は叩かれようが、さげすまれようが、どんなときであれども、土俵にはい上がれる力士を育ててまいります。そのためには私自身も親方、師匠として腰引くことなく、芋を引くことなく、まっすぐと向き合って皆さまのご支援に報いるよう精進いたします。本日はごゆっくりしていただきましたら。また、ご参堂たまわりまして、ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月26日 (日)

まだまだ注目の「第3のエコカー」

 ガソリン車の技術を発展させ燃費を著しく向上させた車を「第3のエコカー」と呼び、スズキ「アルト」、ダイハツ「Eco_00ラ イース」、マツダ「デミオ」などが代表車とされ、いずれも「JC08モード」で1リットルあたり30キロを超える燃費の良さを実現しています。
 先日、友人所有のスズキ「アルトエコ」に乗る機会がありましたが、その燃費の良さに驚きました。約200キロの距離を走ったのに、ガソリンの減り方は約7リットルでしたから、ガソリン価格からしても約900円で移動した計算です。「アルトエコ」のガソリンタンク容量は20リットルにして軽量化してあり、ガソリンの警告灯は残量約3リットルで点灯するそうですが、たった3リットルでも100km近くは走行可能な計算です。
 「アルトエコ」のカタログ燃費は、2011年4月以降表示が義務化された「JC08モード」で35.0km/Lとありますが、実際にはどんなに丁寧に運転しても30km/L程度と聞きます。それでも、いつも乗っている車に比べると倍以上ですから驚きです。因みに、「第一のエコカー」はハイブリッドカー(HV)、「第二のエコカー」は電気自動車(EV)とされ、そして、ガソリン車の技術を向上させた車を「第三のエコカー」と呼ばれているそうで、最大のメリットは新車で100万円前後という価格帯が魅力です。「第一のエコカー」や「第二のエコカー」が、この価格に迫るのはまだまだ先と見られています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧