01、個人的に関心を持った話し

2018年9月19日 (水)

「枯れて死ぬ、溺れて死ぬ」選択は

 先日、隣り町にある大きな病院に見舞いに出かけました。そこに限2018_8_19_image1らないですが、最近の大きな病院は、まるで繁華街のような賑わいを見せています。又、老人ホームの増加を見るにつけ、今、現在、健康な日本国民は何割いるのかと思ってしまいます。
 日本人の平均寿命は世界一といわれて久しいながら、寝たきりの期間も平均約10年で世界一だそうです。きっと、胃ろうや点滴、輸血などで無理やり延命している残念な結果の数字なのでしょう。「生者必滅、会者定離は世の習い」と誰もが分かっているとは言え、最期は、医療界をはじめ、本人も家族も四苦八苦している現実が見られます。
 さて、人の終末期から死に際には、「平穏死」と「延命死」があって、「枯れて死ぬ(平穏死)か、溺れて死ぬ(延命死)か」だそうで、「溺れ死ぬ」とは、終末期に不必要な延命治療を続け、体中、管だらけになって死ぬこと。最後の最後まで、点滴や輸血を受けて、身体の中は溺れた状態になり、もがき苦しむことになるそうです。
 一方、枯れて死ぬ(平穏死)は、終末期に過剰な延命治療を行わないで、自然な経過に委ねることで、体内の水分が徐々に減っていき、まるで木の枝から枯れ葉が落ちる如く、息を引き取るのだそうです。
 このような平穏死は、「息を引き取るまで、苦痛が少ないのに、こんな単純な事実が医療界ではほとんど知られていない。昔はみんな平穏死しかなかったのだ。」などと、長尾クリニックの長尾和宏医師や特別養護老人ホーム常勤医の石飛幸三医師は語っています。「延命治療」は医療費の無駄遣いなのでしょうか・・・・

健康な生活送れる「健康寿命」は男性72・14歳、女性74・79歳 厚労省 ...

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年9月17日 (月)

東急の前身「大東急」のこと

 東急東横線渋谷駅の跡地に、大規模複合施設「渋谷ストリーShibuyastream2018_05_240ム」や「渋谷ブリッジ」などが再開発されたと知り、「大東」のことを思い出しています。
 まず、静岡で生活していた昭和40年当時、大人たちが「静鉄が東急と同時にストライキやるそうだ」と語ることがありましたが、ナゼ、東京の私鉄と一緒にやるのか分かりませんでした。「静鉄」は静岡鉄道と言い静岡~清水間の11キロ(15駅)の短い区間を走る私鉄ながら、かつては東急グループの一員でした。昭和22年(1947)に離脱するも、現在も筆頭株主は東急で、傘下には「日本平ロープウェイ」「静鉄不動産」「リゾートホテル」などが知られ静岡を代表する企業なのです。
 その「大東急」は、昭和17年、「東京横浜電鉄」「京浜電気鉄道」「小田急電鉄」3社が合併、更に、昭和19年「京王電気軌道」が合併して巨大企業が誕生。それが昭和23年、GHQの財閥解体政策によって、「東京急行電鉄」「京浜急行電鉄」「小田急電鉄」「京王帝都電鉄」の4社に分離Tokyu_2しています。
 大東急の名残として、東急・京王・京急の従業員が加入する健康保険組合「東京西南私鉄連合健康保険組合(渋谷区)」や職員の家族に貸与する家族乗車証がありましたが、現在では「家族乗車証」は自社線だけのようです。それに、労組の連携も強かったようですが、最近では目立ったストライキがありませんので、関係者しか分からないことと思います。また、渋谷駅周辺の古いマンホールに大東急時代の鳥が翼を広げた東急社章入りが残っているようです。渋谷駅界隈も大きく変貌していますので、果たして、このマンホールは発見出来るでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月14日 (金)

コーチの由来は安全に運ぶこと

 「コーチ」の本当の意味を知り、大事な人を安全に目的地に運んで欲しいものです。Kocsip2
 昨今、日本のスポーツ界で、コーチや監督による暴力・パワハラ問題が立て続けに発覚し大問題になっています。誰よりも、メンタル(心の持ち方)が大切なスポーツ選手なのに、東京五輪を直前にして、選手のやる気や能力を十分に引き出して、良い成績が残せるのかと心配しています。
 今、全米テニスオープンを制覇した大阪なおみ選手を陰で支えた、コーチのサーシャ・ベイジン(33)さんの評価が鰻登りです。同コーチは、0000_efae_1女子プロテニス界の女王とも呼ばれる 3人のプロテニスプレイヤーのヒッティングパートナー(練習相手)をしていたそうで、その抜群のコーチ力が注目されています。
 さて、「コーチ(coach)」とは、訓練・指導する人で、家庭教師、監督などを意味しています。
 この「コーチ」の言葉は、15世紀、ハンガリーの「コチ(Kocs)」という町で作られた世界初のサスペンション付き馬車「コチ(kocsi)」に由来しており、「目的地まで大事な人を送り届ける」と言う意味です。
 また、「コーチング」も「コーチ」に由来し、その人や選手なりが目標達成のために、必要な技術や知識が何であるかを見つけ出し、やる気や潜在能力を「引き出す」という意味です。つまり、大切な人を自身喪失させたり、傷つけるようでは真逆です。
 テニスのサーシャベイジンさんは、これを知っているからこそ、大阪なおみ選手を世界のトップに運んで行ったのであり、日本で問題になっているコーチや監督は、こんな事も知らずに、自分の指導力の無さを棚に上げて、只、上下関係を振り回して威張り散らして、殴りつけたりしていたのでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年9月 9日 (日)

9月9日は「救急の日」です。

 「こんなに乗ったら、キューキューするから救急車と言う」と、ケーシー119_qq_poster20180725高峰さんが、漫談で笑わせていました。救急車は、「トヨタハイエース」や「日産アトラス」などを改良しているようで、一般的に5人か6人乗りが多いと見受けます。救急隊員は基本的に三人チームのようですから、傷病者は二人か三人乗せるスペースがありそうです。
 さて、今日9月9日は「救急の日」です。
 救急の日は、「9(きゅう)9(きゅう)」の語呂からで、救急医療や救急業務に対する国民の理解と認識を深めることを目的に、昭和57年に定められています。日本の救急業務の始まりは、神奈川県警察部が昭和8年に横浜消防署に救急車を配置したのが最初で、昭和9年に愛知県警察部の名古屋市中消防署が、そして東京・警視庁でも昭和9年に救急業務を開始しています。いずれも警察が始めたことになるのは、当時の消防業務は警察所管だったからで、昭和23年3月7日、消防組織法の施行で警察から分離独立しています。
  救急車を利用する際は、救急の名称の通り、本当に困って大変な時にしか呼ぶことができません。軽傷程度でタクシー代わりに救急車を呼んだり、自分で病院に行けるのに呼んだりしていると、本当に困っている人が救急車を呼んだ時に、救急車がすぐに来てもらえないからです。なお、平成3年から「救急救命士」制度が発足し、今では全ての救急車に高度処置が出来る救急救命士が乗車しているそうです。救急車より消防車が先に到着して処置されることも見受けますが、救急車が別の現場に出動して不在の場合、救急救命士の資格を持つ隊員が消防車で到着しているからだそうです。近年、救急出場件数の増加に伴い、救急隊員の負担も大きいとされ、それこそ「その程度で呼ばれたら現場はキュー(窮)キュー(窮)する」とケーシー高峰の漫談のネタにされそうです。
どんな場合に、どう呼べばいいの? もしものときの救急車の利用法 | 暮

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年9月 8日 (土)

佐藤一斎の『言志四録』に学ぶ

 「自分に火をつけ」、ぶれない自分」をつくり「覚悟を決めて生きる」術(すべ)を知るには、儒学者・佐藤一斎の「言志四録」を読むこ0000204203200_とをお奨めします。 
 昨今、何かと問題が多い、政治家や高級官僚、スポーツ協会などのリーダーを自認する方々は、率先して『言志四録』を一読して欲しいものです。江戸後期の儒学者・佐藤一斎の『言志四録』からは、生涯学習の重要性とともに、事に当たっての覚悟のほどを教えられます。佐藤一斎から感化された明治維新の志士は数多く、西郷隆盛も「101の言葉」を抜粋して座右の銘とし、また、総理大臣当時の小泉純一郎氏が国会で「三学戒」を引用すると、マスコミが一様に注目して世間に広まっていました。
 『言志四録』から、真似たいと思う個所を何点が抜粋しますと、
人と話をする場合には、相手をしてその長所を話させるべき
 そうすれば、自分にとって益するところがある(言志録62)
気概は鋭くありたい。行いは正しくありたい
 品位や人望は高くありたい。見識や度量は広く大きくありたい。学問や技芸を究めることは深くありたい。物に対する意見、見方は真実でありたい(言志後録55)
人の欠点、短所を改めさせようとするには、忠告しようとする誠意が、言葉に満ちあふれるようでなければだめ。怒り憎むような気持ちが少しでもあれば、忠言(諫言)は決して相手の心には入らない(言志録70)
人生には貴賎もあり貧富もある
 その各々に苦楽がある。必ずしも富貴であれば楽しく、貧賎であれば苦しいというものではない。どんな事でも苦しくないことはなく、どんな事でも楽しくないことはない(言志後録69)
若くして学べば、大人になって世のため、人のために役に立つ人間になる壮年になって学べば、年をとっても衰えない。年をとって学べば、死んでもくさらない0000258335その精神は永遠に残る。(言志晩録第60条)
 など数多くあります。
 [PDF]言志四録 - 加藤 廣志
 なお、陽明学の安岡正篤は、「能(よ)く学ぶ人は老来ますます妙である。 ただし学は心性の学を肝腎とする。雑学では駄目である。」と説きますから、小生はその「雑学では駄目」の部類と自覚しております。
 佐藤一斎は70歳にして、幕府が設立した昌平坂学問所の塾長、今風でいえば東京大学総長に匹敵する立場です。「昌平坂学問所」は、徳川家康を含め四代の将軍に仕えた林羅山が開いた 昌平黌(しようへいこう)が起源です。また、佐藤一斎の出身地は美濃国岩村藩(岐阜県恵那市岩村町)であり、佐藤一斎記念館も建てられ、「三学戒」の石碑もあります。

2018_9_8_image3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月 5日 (水)

旧二本松藩の「戒石銘」に想う

 「刻石流水」の教えが残るように、人は昔から大切な事は、石にメッセージを刻000025762_8んできた歴史があります。
 さて、福島の二本松藩と言えば、150年前の戊辰戦争で散った二本松少年隊と同時に、藩主の教えを刻んだ「戒石」が知られています。「戒石銘」とは、旧二本松藩の第7代藩主・丹羽高寛が、藩士への戒めとして、城の入り口にある自然石の露出面に刻まれた石碑のことです。石には「爾俸爾禄 民膏民脂 下民易虐 上天難欺(爾の俸、爾の禄は 民の膏 民の脂なり 下民は虐げ易きも 上天は欺き難し)」と刻まれ、綱紀粛正の指針にしたとされます。
 数年前ですが、ある公務員のお客様の新築祝いに「戒石銘」という銘柄の日本酒を贈呈したことがありました。意味を知ると嫌味に0002256_1なるかと思われたのですが、懐の広い方で喜んでもらいました。昨今、国を代表する高級官僚の皆さんが、贈収賄などの不祥事でマスコミを賑わしていますが、「戒石銘」のような精神は持ち合わせていない方でしょう。
 年金5万円程度でボランティア活動に精を出す尾畑春夫さんは、「かけた情けは水に流せ、受けた恩は石に刻め(刻石流水)」と語っています。この私利私欲の無い尊い行いを知ったなら、戒石銘の粉や、爪の垢を煎じて飲むくらいの意識改革が必要なはずです。なお、福島県二本松市竹田1丁目の酒蔵「大七酒造」で造る「戒石銘」は、スーパーマーケット成城石井だけに出荷している純米酒です。
 また、「二本松少年隊」のことは、哀愁漂う三橋美智也の歌で偲んでください。
 それから、「」は職務に対して官から受ける手当、「」は報酬の米や金銭のこと。最近では俸禄とつなげて使うことが多いようです。
■三橋美智也「二本松少年隊」昭和40年9月
https://youtu.be/E9M47CKAsxM

二本松少年隊
    作詞:高橋掬太郎/作曲:細川潤一
1.安達太良山の 雲迅く
  大軍迫る 二本松
  ああ 前髪の 少年も
  孤城を守り 立ち向かう
2.阿武隈川の 朝霧に
  血を吐く杜鵑(とけん) 何を啼く
  ああ 砲煙の ただ中に
  散りゆく花の 白襷(しろだすき)
3.白旗山の 空昏く
  恨みはつきぬ 二本松
  ああ 玉砕の 少年に
  夏草そよぐ 風悲し

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年9月 1日 (土)

富士宮で30年度「富士山を詠む」募集

 奈良時代の歌人・山部赤人は、駿河から見た富士山に圧倒されて、田子の浦ゆ うち出(い)でてみれば 真白にぞ 富士の高嶺に 雪は降りける」と詠っています。00000215990_m
 松尾芭蕉も「富士山の句に名句なし」と言いつつ、
 「霧しぐれ 富士を見ぬ日ぞ 面白き」、
 「富士の風や扇にのせて江戸土産
 「霧しぐれ富士を見ぬ日ぞ面白き」、
 「雲を根に富士は杉形の茂りかな」と詠み
  また、小林一茶も「なの花の とつぱづれ也 ふじの山」と詠んでいます。
 さて、富士宮市では平成30年度第16回「富士山を詠む」俳句賞の作品を募集しているそうです。募集期間は平成30年7月1日から9月30日まで(当日消印有効)
 教育委員会事務局 教育部 文化課 芸術文化係
 〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所6階)
 電話番号: 0544-22-1187 ファックス番号:0544-22-1209
 メール:e-bunka@city.fujinomiya.lg.jp
 昨年の結果です。
一般の部
◯富士山天賞 「富士日待 海女も一日の 漁休み」(三重県志摩市 廣岡光行)
◯富士山地賞「夕富士へ 白き風立つ 蕎麦の花」(富士宮市 小澤円梨)
◯富士山人賞「子の遺骨 抱き白銀の富士 見せてやる」(富山県上市町米井孝子)
小中学生の部
◯富士山天賞「朝夕に すぶり三百 夏の富士」(人穴小学校6年 伊藤遼)
◯富士山地賞「富士山に こぶしを上げて 泳ぎ出す」(芝富小学校3年  崖稟乃)
◯富士山人賞「登山者の 灯火瞬く 富士の山」(富丘小学校6年 佐野響紀)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年8月28日 (火)

皇室は多くの戦国武将の血筋です

 恐れ多い話ですが、皇室は日本最高の名家として血筋を00image5_2重んじて来た家柄です。
 その証として現皇室は、織田家、浅井家、豊臣家、徳川家の血筋であり、その鍵は浅井長政の三女として誕生した「お江与の方(おえよのかた)1573年8月~1626年11月3日」が握っています。
 江与という名前は、「江戸に与える」と言う意味があるのだそうです。
 お江与の方は、(ごう)、小督 (おごう)としても知られ諡号(おくりな)は崇源院
 母は織田信秀の娘・(織田信長の妹)で、長姉の淀殿(茶々)は豊臣秀吉の側室。次姉・常高院(初)は京極高次の正室。そして、三女のお江与の方は三度結婚しており、最初は佐治一成ですが佐治の謀反から秀吉から離縁させられ、二度目は秀吉の甥・豊臣秀勝に嫁がせ娘に完子(さだこ)が誕生しますが、徳川家に嫁ぐ際、姉茶々が猶子として預かり、三度目は23歳当時、二代将軍・徳川秀忠(当時17歳)に嫁ぎ二男・四女が誕生しています。 
 徳川将軍の正室で、次期将軍の生母となったのは、お江与だけです。
 正に、女の戦は生き抜くことであり、子を多く産むことを見事に具現しています。
 現皇室に繋がるのは、豊臣秀勝とお江与の方の間に誕生した完子です。
 完子は長女茶々の猶子として引き取られますが、14歳で、五000000imagessto摂家(近衛家・九条家・二条家・一条家・鷹司家)の一つで、当時は摂政・関白の地位を独占した最高位の摂関家 (せっかんけ)である九条忠栄(後の幸家)の正室となります。つまり、この時点では豊臣家も秀吉が関白として、「六摂家」の一つに加わっていて、公家の九条家と同格だったから婚姻が可能だったのでした。
 そして、完子→九条道房→九条待姫→九条輔実→九条幸教→二条宗基→二条治孝→九条尚忠→九条道孝→貞明皇后→昭和天皇→今上天皇→徳仁皇太子→悠仁親王ら現皇室に戦国武将の血は脈々と繋がることになりました。なお、幕末の戊辰戦争では、官軍の奥羽鎮撫総督として九条道孝が、奥州唯一の勤王藩である秋田藩支援に向かっています。
 天皇は男系で継承される世界最古の血統であり、永遠に尊重されるべきですが、ここまで繋いできた女性の血筋も見事なものがあります。お江与の方の死後は長男・徳川家光によって浄土宗の寺院・増上寺(港区)に埋葬されています。
※これらの情報は主に「Wikipedia 」からです。
大河ドラマ 江
https://youtu.be/Rud0AgE14mA?list=PLyqqpH_oud5WwF2KBy8gVAwr7rSsOtuX6
https://youtu.be/bdTR8CpWrM8?list=PLyqqpH_oud5WwF2KBy8gVAwr7rSsOtuX6

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年8月25日 (土)

甲州裏街道の「おいらん淵」のこと

 この辺りの道路は、随分前に通行しただけですが、歴史の秘話を思わせる地名と思っています。Oiran_image3多摩地域から車などで甲府方面に向かうには、一般的には甲州街道や中央道ですが、実はもう一つ、青梅街道~国道411号という甲州裏街道(丹波大菩薩道)があります。
 奥多摩湖を経由して、塩山、甲府方面へと向かうルートで、奥多摩湖から先は「大菩薩ライン」の名称があり、その途中においらん淵があります。この辺りは、昭和44年当時に連合赤軍が大規模な軍事訓練を行った大菩薩峠も近く、また、中里介山の時代小説『大菩薩峠』の舞台としても知られ、更には、某宗教団体0000000000imagesが上九一色村と都内の往来に、箱根裏街道と共もに甲州裏街道も頻繁に利用していたとの噂も流れました。
 おいらん淵のことは、甲州を武田氏が支配していた頃、この淵の近くに金山衆と呼ばれた金山掘削の技術者集団が居住した黒川千軒と呼ばれた良質の金鉱山があった場所です。しかし、武田信玄から武田勝頼の代に移ると織田信長の攻勢が強まり、武田家は黒川金山を閉山して撤退する際に、金山で働く金山衆らを相手にしていた遊女の皆殺しを企てます。その殺害方法は、渓谷に宴台を設け、その舞台で遊女に舞を踊らせている最中に、藤つるを切り落として55人もの遊女を淵に沈めたという伝承です。000002260p
 おいらん淵に落とされた遊女の遺体は、下流の北都留郡丹波山村の奥秋の地に打ち上げられたそうで、哀れに思った村人たちは亡骸を引き上げ、「おいらん堂」を建てて手厚く葬ったそうです。なお、国道411号沿いのおいらん淵付近は、崖崩れがよく発生したため、2011年にトンネルやバイパス道路に変更されて、おいらん淵前の道路は立入禁止になっています。日本で最も危険な心霊スポットでもあるそうです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年8月19日 (日)

「サマータイム」の導入検討に想う

 「サマータイム」の導入は、切り替え時の生活リズムの乱れによる健康被害だけでなく、コンピュータ機器への影響や時間に拘束された事業所の対応の難しさ、それでなくても勤勉な日本人には残業の増加が予2018_image1測されています。今回のサマータイム導入の検討は、2020年の8月~9月に時計を1~2時間早めて、オリンピック競技の開始時間を比較的涼しい朝に行うことが目的とされます。きっと、国民の反応を見て恒例にしたい腹もあるのでしょう。
 いろいろ心配ですが、第一に「睡眠障害」による健康被害です。強制的に生活リズムが崩されることで、入院中や通院患者だけでなく、健康な人でも極度にストレスが高まり様々の病気や悪化が懸念されます。特に、サマータイムを理解できない幼児・児童らを無理やり起こす必要から、朝食を食べないまま保育園や学校に送り出す場面もありそうです。既に実施している国からは、睡眠不足から交通事故の多発や、生産効率の低下も指摘されています。
  また、目覚まし時計等もアナログなら調整も簡単でしょうが、電子時計は対応されるのか。それに、炊飯器や電子レンジなど時刻を示している家電への影響も少なからずありそうです。それに、秒単位で管理が必要なI T器機、株式管理、且つ、電車・バスをはじめ、飛行機、船舶などの時間管理、新聞配達や配送物など、時間に縛られている事業所では、サマータイム用の時刻表の準備や、顧客に徹底させる必要等から広報紙の作成等を含め大変なことばかりです。それに、国民の理解を得ないで強引にサマータイムを導入した場合、健康被害や事故の発生には、どこが責任をとるのでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧