2018年1月18日 (木)

行方不明の田中蓮くん捜索に協力を

追記】福井県の九頭竜川で田中蓮くんと思われる男児の遺体が発見されました。
 1月19日午前9時50分ごろ、福井県坂井市三国町新保の九頭竜川左岸河川敷で、身長100センチほどの男児の遺体が見つかったそうです。服装は、長袖トレーナー、長ズボン、オレンジ色と紺色のラインが入ったスニーカーを身に着けていると報じられています。合掌
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180119-00010002-fukui-l18

■ 昨年12月9日、福井県越前市で田中康雄さんが経営する会社(大中電工)の駐車81e8e38f_2場から、田中了士さんが車から離れた10分ほどの間に、車の助手席から田中蓮くん(3)が行方が分からなくなっています。
 祖父の田中康夫さんは、「助けて下さい。 孫が行方不明になってしまいました。 」と孫の捜索を呼び掛けています。テレビでは川に流された可能性が大との報道ですが、警察や消防団、近所の皆さんによる吉野瀬川などの懸命の捜索にもかかわらず何も痕跡も見つかっていません。
 父親の田中了士さん(30)は、「何も見つかっていないことで、逆に必ず生存していると確信しています」と一日も早い帰宅を待ちかねています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年1月13日 (土)

皇后さまの歌に感銘する

 1月12日、皇居で新年恒例の「歌会始の儀」が「」をお題に行われ、天皇、皇后両陛下、皇太子、皇太子妃、皇族方の歌が古式ゆかしく披露されたほか、一般応募の2万453首の中から入選した10人の歌なども詠み上げられていました。
▽天皇陛下
 語りつつ あしたの苑(その)を 歩み行けば 林の中に きんらんの咲く
▽皇后さま
 語るなく 重きを負(お)ひし 君が肩に 早春の日差し 静かにそそぐ
▽皇太子さま
 復興の住宅に移りし人々の語るを聞きつつ幸を祈れり
▽皇太子妃雅子さま
 あたらしき住まひに入りて閖上(ゆりあげ)の人ら語れる希望のうれしImage2
でしたが、特に、皇后さまは、象徴のあるべき姿を求めてきた陛下の30年の歩みを思いつつ、穏やかな早春のある日、陛下の肩にそそぐ日差しに心を止めた歌に感銘を受け、胸が熱くなるものがありました。
 皇后さまは、かつて「御所に上がって50年がたちますが、『象徴』の意味は、今も言葉には表し難く、ただ陛下が『国の象徴』また『国民統合の象徴』としての在り方を絶えず模索され、そのことをお考えになりつつ、それにふさわしくあろうと努めておられたお姿の中に、常にそれを感じてきたとのみ、答えさせていただきます。」と語っておられたことも思い出しております。
 何も語らなくても、早春の日差しと皇后さまだけは知っておられます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年1月12日 (金)

何事も予防は大切と思います

 これまで発生が無くても想定外の事は起きるものです。街や家の防犯などと同様に出来るだけ、きめ細かい対策は大切と思います。00tori
 香川県さぬき市の養鶏場で一晩で55羽の鶏が死んでいるのが見つかり、高病原性鳥インフルエンザの感染と確認され、鶏約9万1000羽の殺処分を始めたそうです。また、この養鶏場の半径3キロ以内にある9つの農場も鶏や卵の移動を禁じる措置が取られました。これまで四国では、発生が無かったそうですが、何らかの対策が必要でしょう。
 画像はhttp://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/8/18958.html から。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

「不惜身命」を貫く貴乃花

 「不惜身命」とは日蓮宗が大切にする「法華経」にある教えで「命を0000099惜しまず懸命に尽くす」いう意味だそうです。これは、1994年(平成6年)貴乃花が 22歳で横綱に昇進した際に、「力士として相撲道に『不惜身命』を貫く所存でございます」と使者に答えたことで一躍世間に知られたのですが、後に俳優の緒形拳が伝授したと暴露していました。それでも、最近の貴乃花の生き様からも、この教えを大切にしていることが分かります。平成6年と言えば、バブルがはじけたことがハッキリした頃で、建設業界も低成長期に突入したことが顕著でしたが、若貴人気は数少ない明るい話題として注目したImage1ものでした。
 さて、今年も年頭から、立行司の式守伊之助が若手行司にセクハラ行為が発覚したと報じられるなど相撲関連の話題が多いようです。自民党の石破元幹事長もTBSの「時事放談」で、貴乃花親方の理事解任など一連の問題に、「外からうかがい知れない習慣は変えていかなければいけない」、「古い伝統の競技であるだけに、いろんな外からうかがい知れない習慣、そういうものは、やっぱり変えていかなければいけないんじゃないか」と発言しています。テレビなどで発言する、相撲記者やコメンテーターからは、「無言を貫く貴乃花は動機が不純だ」とする意地悪な批判派、「雄弁は銀、沈黙は金」「無言こそが多くを語っている」とする賛同派に分かれているようです。貴乃花親方は相撲協会の理事会でも多勢に無勢と言われて00204203200_いますが、「日本相撲協会」は2014年に公益財団法人に移行したばかりで歴史の浅いところですから、今も手探りで運営している何かと問題も多い組織なのでしょう。
 相撲は神代からの古い歴史と伝統があるのですが、実際は国技でも武道でもない、単なる見世物(興行)としての長い歴史があるとされます。しかし、貴乃花は現役時代から八百長問題に厳しく、それを嫌ったと言われていました。よって、力士を育てる親方や協会の役員として、星の借り貸しなどの八百長相撲を許さない信念を貫く、不惜身命の貴乃花親方の姿勢が注目されます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年1月 3日 (水)

「新年おめでとうございます」

 「新年おめでとうございます」大日建設株式会社
 当社の仕事始めは、役所関係や金融機関、関連企業などKingasinnen_2と同様に1月4日(木)となりますが、個人的には2日に初詣を兼ねて建築中の工事現場の見回りを行っております。
 例年のことながら、どうしても、年越しの現場が数か所ありますので、火災やイタズラなどに備えて巡回による警戒等を励行しております。警備会社に巡回を依頼する方法もあるのですが、自分の目で確認しないと気が済まない性分なのでしょう。
 きっと、こんな調子で生涯現役を貫きたいと思う今日この頃です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年12月26日 (火)

日本人は縄文の昔から鮭を食べていた

  日本人とサケの繋がりは深く、4000年以上昔の貝塚からも多くの鮭の骨が見0026806つかっているそうです。先日、山形県遊佐町出身の友人から「鮭の味噌粕漬け」を頂いたばかりの折り、昨日25日の「世界!ニッポン行きたい人応援団スペシャル」(テレビ東京)では、塩鮭をこよなく愛するアメリカ・ナッシュビルのダニさんという女性が、山形県遊佐町と新潟県村上市を訪問して、「日本で鮭料理を学びたい! 塩鮭を食べてみたい!」という企画が放送されていました。
 山形県遊佐町では「桝川鮭漁業生産組合」の組合長・尾形修一郎さんら0002589811が、また、村上市では「越後村上うおや」の大女将・上村八恵子さんらが対応されていましたが、いずれもいい宣伝になったはずです。鮭は生まれた川から海に出て4年ほどで故郷に帰る回遊魚であり、生まれ故郷の川のニオイを嗅ぎ分けて帰ってくると言われますが、ダニさんも、四年後ではなく毎年来たいとのリップサービスのコメントが印象的でした。今晩は、「鮭の味噌粕漬け」を焼いて一杯と行きたいものです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年12月22日 (金)

「コテを持てば伊豆の長八」

 「ノミを持てば左甚五郎コテを持てば伊豆の長八・・・・」などと00204203200_、随分前に伊豆方面のバス旅行でバスガイドの名調子が今も耳に残っています。江戸初期に天下の名工として名高い播磨国明石出身の左甚五郎は、日光東照宮の「眠り猫」などで知られていますが、幕末から明治にかけての名工(左官職人)は静岡県松崎出身の入江長八は鏝絵『八方にらみの龍』などが有名であり、共に多くの職人から神様の如く慕われています。
 伊豆の長八が、コテ絵を芸術の域まで高めたと言われる「漆喰鏝絵(しっくいこてえ)」は、なまこ壁などに使う漆喰を鏝でレリーフ状に盛り上げ、顔料などで彩色する技法で、その作品は1880年(明治13年)竣工の旧・岩科学校の鶴の間の千羽鶴や、昭和59年建設された浄感寺内の伊豆の長八美術館で観覧できます。なお近年では、天井絵『八方にらみの龍』が残る、長八の菩提寺・浄感寺(じょうかんじ)で、例年「長八まつり」が行われ「長八供養祭」や「全国漆喰鏝絵コンクール」が同時に行われています。00000011
伊豆の長八美術館
 所在地:静岡県賀茂郡松崎町松崎23 
 電話:0558-42-2540
  入館料 大人:500円(中学生以下無料)
 開館時間:9:00~17:00(年中無休)
重要文化財・岩科学校
 所在地:静岡県賀茂郡松崎町岩科北側442 電話:0558-42-2675
 入館料:大人300円(中学生以下無料)
 開館時間:9:00~17:00(年中無休)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年12月17日 (日)

「柿が赤くなれば医者が青くなる」

 富有柿、次郎柿、庄内柿、御所柿など、今年の秋も随分と柿の味を堪能させて頂き、お陰様で医者知らずで年を越しそうです。00485
 最近では余り喜ばれない柿ですが、日本の果物の中では最も古い部類だそうで、かつては、何所の家でも飢饉等の食料不足に備えて、何本かの柿の木を植える習慣があったようです。しかし、最近ではその名残りのように、国立市の谷保界隈に限らず多摩地域などの古い農家の屋敷には赤く色づいた柿の木が目立つのですが、そのまま放置され、鳥の餌にされている柿の木も少なくありません。
  面白いことに、柿は英語で「persimmon(パーシモン)」ですが、学名は「Diospyros kaki(ディオスピロス・カキ)」と言う日本語が由来で、意味は「Dios=神」「pyros=穀物」で「神様の食べ物」だそうですから有り難いことです。また、安倍総理がトランプ大統領に50万円のドライバーをお土産にしたことで注目された山形県酒田市の「本間ゴルフ」は、かつてプロ仕様のパーシモンウッドで一躍有名になっていましたので、地元の庄内柿材あたりを使っていると思いきや、主にカナダからの輸入材だそうです。
 昨日は近所の八百屋で、今年は最後の仕入れだという富有柿を買い求めていますので、少しは柿のことを想いながら、「神様の食べ物」を堪能しているところです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«被害者・貴ノ岩関へ配慮すべき