2017年5月28日 (日)

森友や加計は蟻の一穴になるか

 「王道政治」とは、仁と徳によって民を治めることであり、一方、「覇道政治」と00203200_は、武力や権謀を持って治めることで、覇者は私的な野望の具現者とも言われています。
 江戸幕府御三家筆頭・水戸家の水戸光圀公が編纂を命じた『大日本史』によって、武士による覇道政治は、いずれ別の覇者に奪われるという事実を発見しますが、幕末には尊王攘夷の思想を生み出し、多くの幕末志士に影響を与えたとされます。つまり、武士による「覇道=戦いで勝ち取った権力=武家政権」であり、力で奪取したものは力で再び奪い取られる。一方、天皇による「王道=君主による人徳に基づく政治=天皇」であり、天皇のカリスマと徳性によって途絶えることなく続くと分析したとされ、結果的にその通りになったと思われています。
 今、日本の政治も自民党一強による安倍晋三首相の長期政権によって、一見、王道政治を歩んでいると見られていますが、実際は奪いとった政権であり、いずれ奪還される運命にあります。その奪還方法Imageは、手段を選ばず崩壊させることにあり、「千丈の堤も蟻の一穴から」とされ、どんなに堅固に作った堤防も、蟻が開けた小さな穴が原因で崩れることもあります。
 最近、野党やマスコミは森友学園や加計学園問題、閣僚の失言などから、この「蟻の一穴」を開けようと必死です。勿論、単なる「言いがかり、因縁を付けている」と見ていますが、こんな人達の心理状態は、「ストレスの固まりで、辛い精神状態にあり、地獄のような心で、幸せそうな人や組織を見ると、引きずり落としたくなる」のでしょう。日本だけでなく、多く政治家は、政権を奪うために権謀術数を駆使して政局を作るためには、揚げ足とり、作り話、「嘘八百」を並べるなど、どんな汚い手段も選ばないのが、多くの政治家やマスコミなのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月27日 (土)

テレビは矛盾を堂々と報道する

 新聞・テレビはテロ準備罪(共謀罪)と、外国で多発するテロ2017527image1や中核派の中村恒雄警部補殺しを並べたり、悪質性など比較報道しないのは、共謀罪に反対する日頃の主張と矛盾するからですか・・・・それとも外国人の共謀だけが悪いのですか。
 テロ事件は政治的目的を達成するために、暗殺・爆破・ハイジャックなど手段を選ばず実行していますが、大津事件や浅沼委員長暗殺事件などの一部右翼テロを除き、組織的背景が強いものです。今国会で成立を目指すテロ準備罪(共謀罪)の対象は、テロ組織や暴力団などの犯罪組織の撲滅であり、国民がより安心して生活できる社会づくりのための法律で、反対する方が不自然です。マスコミも、外国の組織的且つ計画性の強いテロには、一応は共謀性を強く批判しつつ報道するのですが、日本のテロ準備罪(共謀罪)となると、途端に批判的になり、恰も共謀罪は悪法かのような印象を与えています。兎に角、この法律は安全・安心した社会を作ることが目的で、これに反対する人達は余程へそ曲がりなのか、捜査機関にフリーハンドを与える危険性があるとか、「話し合うだけで罪になる・・・」などと必死で反対しています。
 このような皆さんは、日ごろからテロの相談をしているのでしょうか。
 それなら理解出来ますが、怖い話です。00miyamoto
 日本共産党によるテロ事件の一部を掲載します。
1933年(昭和8年)12月23~24日、宮本顕治が渋谷区幡ケ谷本町のアジトで、荒縄、針金、硫酸、包丁、斧、炭火などで査問と称するリンチで小畑達夫を殺害
1949年(昭和24年)7月15日、車庫から無人電車を動かし、三鷹駅前の交番と民家に突入させて6名の死者を出した三鷹事件
1949年(昭和24年)8月17日、青森発上野行きの旅客列車を東北本線、福島県金谷川駅と松川駅間で脱線転覆させ、3名の死者を出した松川事件
1951年(昭和26年)12月、練馬署旭町駐在所の印藤勝郎巡査(32歳)を殺害
1952年(昭和27年)1月、札幌署警備課長の白鳥一雄警部(36歳)を拳銃で殺害
1952年(昭和27)年2月3日、長野県南佐久郡田口村で、無灯火自転車に乗った日共の一団が5人の警察官に暴行を加えピストルを強奪
1952年(昭和27)年5月1日、皇居前広場に突入し8名が死亡した血のメーデー事件  
 このような昭和20年代に行った武装闘争を、0000s02_0104「誤りのうちもっとも大きなものは極左冒険主義」(革命情勢がないのに武装蜂起した)などと自己批判し、1955年の日本共産党第6回全国協議会で暴力革命は否定するも、革命が「平和的となるか非平和的となるかは結局敵の出方による」とする、「敵の出方論」による暴力革命の方針は棄てていません。
 これでは反対するのは当然で、赤い影響を受けたマスコミの反対も然りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

日本はテロリスト輸出国だった

 「テロ等準備罪」に反対の立場から、「日本ではテロの発生は00000ea殆ど心配ない」などと語る人がいましたが、日本はテロの輸出国と世界中から批判されたことを忘れています。
 昭和47年5月30日、日本赤軍メンバーによるテルアビブ空港乱射事件は無差別テロの先駆けと言われています。この乱射事件の日本人犯人は、最初から死を覚悟しており、この手法はイスラム過激派が、「死ぬと天国に行ける」と信じられるジハード(聖戦)を正当化した自爆テロ誕生のキッカケになったそうです。
 昭和45(1970)年3月31日 日本航空便よど号ハイジャック事件
 昭和47(1972)年5月30日 テルアビブ空港乱射事件   
 昭和48(1973)年7月20日 日航ジャンボ機乗っ取り事件(ドバイ事件)
 昭和49(1974)年1月31日 シンガポール製油所襲撃事件(シンガポール事件)
 昭和49(1974)年9月13日 フランス大使館占拠事件(ハーグ事件)
 昭和50(1975)年8月 4日 スウェーデン大使館占拠事件(クアラルンプール事件)
 昭和52(1977)年9月28日 ダッカ日航機乗っ取り事件(ダッカ事件)
など数々の日本赤軍によるテロは、日本共産革命を世界同時共産革命の一環と位置付け、パレスチナ解放人民戦線(PFLP)と合流して、全世界を震撼させた無差別テロを最初に惹起して、世界中のテロリストから模範と讃えられる極左組織です。000s02_0503
 このような一般市民を無差別に襲撃するテロの先駆け国だけに、「テロ等準備罪」に反対する国民が多いのも頷ける話です。そして、民進党の辻元清美議員の内縁の夫は元日本赤軍・北川明氏であることや、社民党の福島瑞穂の夫・海渡雄一氏は中核派の元幹部であり、どのような立場で活動しているかは火を見るよりも明らかです。つまり、日本でも「イスラム国」と合流したテロリストの誕生の土壌は十分にあると見るのが自然です。
共謀罪ではテロは防げない! - 小林よしのりオフィシャルwebサイト
重大事件等を展開した日本赤軍その他の国際テロリスト(警察庁)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

「桜田門外の変」は牛肉の恨み?

 1974年の「三菱重工ビル爆破事件」など、一連の「連続企業爆000070a破事件」の大道寺将司死刑囚(68)が5月24日、東京拘置所で病死したと報じられました。この事件は、
 「日本赤軍事件」1970~1980年代に世界各地で起こしたテロ事件、「地下鉄サリン事件」1995年(平成7年)3月20日オウム真理教による事件と並べて、近年の「三大テロ事件」の一つと思われます。また、日本の歴史上の「重大テロ事件」としては、「本能寺の変」、「赤穂浪士討ち入り」、「桜田門外ノ変」、「二・二六事件」などが上げられ、
 「本能寺の変」は、天正10年6月2日(1582年6月21日)
 「赤穂浪士討ち入り」は、元禄15年12月14日 (旧暦)(1703年1月30日)、
 「桜田門外ノ変」は、安政7年3月3日(1860年3月24日)、
 「二・二六事件」は 昭和11年(1936)年2月26日発生は、動機が積年の遺恨を晴らすことや、本能寺以外は、雪が舞う寒い日だったことなどから、芝居や映画でも美しく演出されることが多いようです。
  ところで、「桜田門外の変は牛肉の恨みから」という新説があります。
 それは、江戸時代は肉食が禁じられていましたが、例外的に、彦Yosida_545437根藩では牛肉の味噌漬けを生産し、将軍家に献上してきました。そして、時々、老中や諸大名にも贈呈していたそうです。幕末の水戸藩主徳川斉昭も、贈られた一人で、牛肉が大好きだったので井伊家からの贈呈を楽しみにしていました。しかし、井伊直弼が彦根藩主になると牛を殺すことを禁じたので贈呈されなくなりました。そこで、度々、水戸藩から彦根藩へ、牛肉を贈るよう依頼しましたが、彦根藩はむげに断ってきました。この食べ物の恨みから水戸藩と彦根藩は仲が悪くなり安政の大獄・桜田門外の変に繋がったとのことです。この話は、吉田忠著の「牛肉と日本人」によると、明治期に水戸藩の関係者が書いた「水戸藩党争始末」に基づくもので、説得力ある話しだそうです。
 世界中で発生するテロ事件も、こんな裏話しがありますと、小説や映画にもなるのでしょうが・・・・・実際のテロの根本原因は、歴史的な民族紛争、領土問題、経済格差、宗教問題、イデオロギーの対立等々、深刻な問題があると思われ、これらを題材にした感動する小説や映画など生まれそうにありません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

「テロ等準備罪」ナゼ必要か

 国際組織犯罪防止条約を締結しないと、日本人は「ノービザ渡航が出来なくなる」ことと、日本が外国から「テロ情報の提供を貰えない」虞があります。Image3_2
 この条約には187の国と地域が締結し、国連加盟国で未締結国はたったの11か国、G7では日本だけです。日本は国連信仰が強く、何ごとにも国際基準を求める傾向が強いのに、ナゼ締結しないのでしょうか。
 経済評論家の渡邉哲也氏は、「テロ準備罪を含む国際的なテロ規制を満たせない場合、日本人のノービザ渡航が出来なくなり、ESTA(米国ノービザとその関係国)とETIAS(欧州とその関係国)への入国が制限(国際合意で2020年をめど) 企業の輸出や資金調達にもペナルティ(多くが倒産)でもいいという話だ」と忠告しています。また、「テロ等準備罪」を新設すれば、「国際組織犯罪防止条約」の締結が可能になり、他国の捜査当局とテロ関連情報交換できるケースが大幅に増えるそうです。
 それから対象犯罪を、死刑、無期又は長期4年以上の懲役又は禁錮に当たる重大な犯罪に限定していますが、これは国際組織犯罪防止条約が、重大な犯罪、すなわち「長期4年以上の自由を剥奪する刑又はこれより重い刑を科することができる犯罪」を共謀罪の対象犯罪とすることを義務付けているからで、これ以上限定することは、条約上できないのに、277罪は多すぎると反対しています。次の動画では、「テロ等準備罪」はナゼ必要なのか、或いは反対するのかを、「赤穂浪士の討ち入り」、一般の団体が犯罪集団に変わることもありうる事例に「オウム真理教サリン事件」を上げて語っています。

Image2_2

深層NEWS テロ等準備罪で何が変わる?   https://youtu.be/5UPEo5byPL0  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

このような殺人テロ集団が対象だ

 この事件は被害者や容疑者とも同級であり、昨日のことのように記2017524image3憶しています。
 また、このようなテロ事件からテロ等準備罪に、暴力革命を堅持し破防法の監視団体・日本共産党を頭に、赤い影響を強く受けた左巻き野党やマスコミがなぜ懸命に反対するのか理由が分かります。
 さて先日、昭和46年11月14日の渋谷暴動で、新潟県警から応援派遣されていた中村恒雄巡査(殉職後・警部補)の殺害容疑で指名手配中の中核派・大坂正明容疑(S24.9.29生)らしき人物が広島市安佐南区東原の潜伏先マンションで公務執行妨害容疑により大阪府警に逮捕されたそうです。大坂容疑者には逮捕歴がない為、親族から採取したDNA鑑定などで確認を進めているそうです。
 一方、殺害された中村巡査は、新潟県佐渡郡相川町(現佐渡市)出身で、相川高校を卒業後69年に採用、70年3月新潟中央署配属と共に関東管区機動隊員として、殉職するまで成田警備等に3~4回出動。殉職の現場は渋谷区神山町11-10先で、中村警部補の小さな慰霊碑があります。目標はNHKセンター下交差点と観世能楽堂のほぼ中間で、ローソン向かい精米店脇Shibuya_image2です。渋谷暴動とは、1971年11月14日、沖縄返還協定の批准阻止を訴え過激派ら約5千人が渋谷駅周辺で起こした暴動事件で、中核派・数百人は機動隊に火炎瓶を投げたり、鉄パイプで殴りかかり、神山派出所や車を炎上させ、中村巡査は鉄パイプで滅多打ちにされ倒れたところに、、更に出動衣を開きガソリンを肩口から身体一杯浴びせて火ダルマにされて死亡。今は若者が行き交う人気の街ですが、外国のテロと何ら遜色ない地獄絵図が広がっていたのです。
 21歳の若さで殉職された中村警部補には、改めてご冥福をお祈り致します。なお、佐渡の中村家が仏教徒なら、「四十七回忌」の法要は、命日から満46年目、つまり今年の11月のはずです。

広島市安佐南区東原の潜伏先マンション

Image1_2

 

■中村警部補の最期の様子
Image5

■東京都渋谷区神山町11-10付近
Image3Shibuyakukamiyama1110Image2


共謀罪云々の時期に中核派の大坂正明と見られる男の逮捕。
これは反日左翼に対する、天の怒りか地の声か、警察の執念か…………
何にせよ、反日国賊集団の悪事千里に暴くべし! pic.twitter.com/6dp0x4kUG0

00004551

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

運動会の紅白色分けと源平合戦

 昨日はある小学校の側を通りがかると、子供たちが紅白の帽子をかぶりGatag00005888運動会の予行練習の場面に出合わせ、遠い昔に思いをはせていました。郷里の富士宮は源平合戦があった場所で、源氏は白旗、平氏は赤旗を掲げて、敵味方区別して戦ったことが運動会などで紅白に分けた起源とされます。よって、富士宮辺りでは、子供達にも平家側とされた紅組になることは嫌われた上、名前に「〇清」などと清が付いていると、あだ名は決まって「清盛」などと呼ばれたもので、今でも子供に「清」君や「清〇」さんなどの名は少ないはずです。
 ところが、平清盛による日本の今の繁栄につながる数々の功績を知ったのは、後のことでした。まず、700年間続く武士の世の礎を作った事に加え、大量の宋銭を輸入し貨幣経済を浸透瀬戸内航路の整備、国際港として神戸港の整備学問の進歩に貢献、世界遺産厳島神社の建立などを上げることが出来ます。一方、源氏方は治承・寿永の乱(源平合戦)には勝利はしたものの、その後の源氏は何かと失策が続き、間もなく北條(平氏)が執権となり、その北條も足利(源氏)に倒されるなど一進一退の世が続きました。更に、戦国の武将も、出自を源氏・平氏と色分けされ、一時、平氏の織田信長が政権をとるも、結果的に源氏方とされる徳川が制し、その江戸幕府は264年間も続くことなりますが、それも、源平どちらでもない薩摩・島津と長州・毛利との連合軍に滅ぼされ、明治新政府を開いています。
 その新政府も、70数年前、米国に壊滅的打撃を受け、今また長州出身の総理大臣・安倍晋三氏が建て直しに懸命です。なぜか今、格言「転ぶのは恥ではない、転んだままでいるのが恥なのだ」を思い出しています。運動会も戦争もよく転ぶものですが、この日本も何時までも転んでいないで早く立ち直って欲しいものです。Image1
  なお、源平の個所を整理しますと、
平氏政権 平氏:平清盛の一族
鎌倉幕府 源氏:源頼朝の一族
鎌倉幕府 平氏:執権北条氏得宗家
室町幕府 源氏:足利氏
織田政権 平氏:織田信長~豊臣政権、豊臣氏
江戸幕府 源氏:徳川氏  となるはずです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

おだまきの花言葉は勝利・心配

 郷里の富士宮市には富士川が流れ、 平安時代Image7の治承4年10月20日(1180年11月9日)「富士川の戦い」があった所で、源氏側20万騎、平氏側7万騎が集まったとされ、近くには「狩宿の下馬桜」など、多くの伝承や史跡があり、街の殆どの人は源氏贔屓のようです。
 面白いのは、頼朝は白糸の滝で「この上に いかなる姫や おはすらん おだまき(苧環)流す 白糸の滝」と詠んでいますが、その後、義経の妾である静御前も、それを返すように、苧環(おだまき)を詠っています。この詩は、義経が兄・頼朝に追われ、吉野の山中で静御前と離れ離れになり、間もなく静御前は捉えられ鎌倉に送られ、頼朝の前で舞いながら詠ったとされ、静御前の舞として伝わっています。    
  しづやしづOdamaki_image1
 しづの苧環(おだまき)繰り返し
 むかしを今に なすよしもがな
 吉野山 嶺の白雪 ふみわけて
 入りにし人の 跡ぞ恋しき

 今風なら、「いつも私を、しず、しず、苧環(おだまき)の花のように美しい静と呼んでくださった義経様 幸せだった あの時に戻りたい・・・」とでもなるのでしょう。静御前の舞は、今も「鎌倉まつり」などで再現されていますが、NHKの大河ドラマ「義経」で魅せた石原さとみの舞は圧巻です。なお、オダマキの花言葉は色で違い、白は「あの人が気がかり」、赤は「心配している」、紫は「勝利」、花の色に関係がなく「愚か者」だそうですから、頼朝や静御前は何色をイメージしたのか・・・0000582618
 ※ 日本に花言葉が入ったのは19世紀末と言われますが、頼朝も静御前も、まるで知っていたかのような詩です。また、5月22日は鎌倉滅亡の日とされ、新田義貞は分倍河原の合戦で勝利すると一気に鎌倉を攻め落し、北条高時をはじめ一族は1333年5月22日、鎌倉の東勝寺で自刃、140年余り続いた鎌倉幕府は滅亡。府中市の南武線と京王線の分倍河原駅前には、鎌倉を目指す「新田義貞公(正式名は源義貞)」の馬上の像があります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«ご当地ナンバー「富士山」のこと