2017年11月16日 (木)

超悪玉コレステロールがあると言う

 このページでは、自身の健康管理のために記録しておきたいと思っています。0000266f2
 NHKの「ためしてガッテン」は、2016年春から「ガッテン!」と番組名が変わりましたが、多くの日本人が気にしている「健康」「食」「住宅」などに着目して、「なぜ?」「どうして?」と切り込み、いつも「そうだったのか!」「目からウロコ」と頷いています。
 昨日11月15日のガッテン!は、「コレステロールの新常識SP 注意すべきはコレだ!」で、第3のコレステロールと呼ばれる「レムナントコレステロール」と言う、聞き慣れないコレステロールが初登場し、今年の健康診断表を見比べながら見ていました。この「レムナントコレステロール(超悪玉)」は、これまで血液検査の検査表にも載っていないのですが、動脈硬化などの生活習慣病を引き起こす原因だそうです。一般的な血液検査では、「総コレステロール」、「HDLコレステロール」、「LDLコレステロール0002888」の3項目しかないのが一般的で、殆どの国民は知られていないようです。レムナントコレステロールの測り方は、「総コレステロール=HDLコレステロール(善玉)+LDLコレステロール(悪玉)+レムナントコレステロール(超悪玉)」となり、つまり、総コレステロールが110、HDLコレステロールが50、LDLコレステロールが50の場合、残りの10がレムナントコレステロールだそうです。この超悪玉コレステロールは、「マクロファージ」が食べてくれるのですが、食べすぎると今度はマクロファージが死んで、血管内のプラーク(粥腫)になり動脈硬化の原因になるそうです。今、元々、医学知識がない人が語っているのですが、「ガッテン!」では、これを上手に説明していました。
  結びは、超悪玉コレステロールを下げる方法で、食事法では、サバやイワシなどの青魚のEPAは総悪玉コレステロールを下げてくれる効果が高く、また、適度の運動で適正な体重を保つことも大切のようです。番組では二週間の食生活の改善や散歩だけで、大幅に改善した事例を紹介していました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

「A3ノビ」の写真は迫力あります

 「A3ノビ」は写真プリンター特有の紙型だそうで、その寸法は329mm×4A3_image83mmですから、このサイズで気に入った写真を印刷しますと中々の迫力です。A3の寸法は297mm×420mmで、まずまずの大きさなのですが、「A3ノビ」は更に一回り大きなサイズで写真プリンター特有の紙型と言われています。
 プライベートで使用している印刷機はキャノンの「PIXUS PRO-100」で「A3ノビ」印刷に対応しているのに、これまでその威力を発揮してもらう機会が中々なかったのです。それが、最近、友人の結婚式で親族写真を撮影した機会に、お祝いとして「A3ノビ」で印刷して、それ用の額も購入して差し上げたところ大変喜ばれたのです。これで、これまで宝の持ち腐れになっていた印刷機が、随分と頼もしく思った次第です。ただ、プリンターインクが一気に減りますので、残量を確認してから印刷しないと途中から色が変化することありますから注意が必要です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

11月1日は「点字制定記念日」

 「人在りて我在り、他を思いやり、慈しむ心。これ即ち『』」は、学校法人順天堂の学是ですが、このImage0377精神を忘れない病院が山形県遊佐町の「順仁堂・遊佐病院」です。
 「遊佐病院」の二代目佐藤国蔵は、明治16年、医学修業の大志を抱いて16歳で上京、順天堂の佐藤舜海の門を叩き、翌17年に東京大学医学部別科に合格しています。佐藤舜海は後に尚中を名乗りますが、東京順天堂の第二代堂主、順天堂医院の初代院長に就任しています。この順天堂は 1838(天保 9)年、佐藤泰然によって創設されますが、佐藤泰然の父は山形県遊佐町升川出身の佐藤藤佐ですから、佐藤国蔵はその縁からの上京でしょうか。
 この話題は、この町出身のお客さんから聞いたばかりの話しです。
  明治16年、佐藤国蔵は医学修業の大志を抱いて勉学に励むものの、18歳ころから視力に変調をきたし、それでも無事大学を卒業し前期試験に合格するものの、眼病が悪化し後期試験を断念、その後、東京盲唖学校に入学、鍼の術を習得しています。そのころ寄宿舎の舎監長で、点字翻案に取り組む同校助教授・石川倉治の情熱に感化され、国蔵の人生を変える動機となる。明治26年同校を卒業。今度はバイオリン科に再入学して点字楽譜にその才を発揮しています。『点字発達史』には「同校鍼按科出身佐藤国蔵0025888imageが『国民唱歌集』(小山作之助編纂)を点訳した。これが我が国における点字楽譜の最初である・・・・」と業績を称えているそうです。
 11月1日は、「日本点字制定記念日」とされ、1890(明治23)年の今日、東京盲唖学校の点字選定会で、石川倉次の案を採用が決定したとにちなんでいます。「日本点字の父」が静岡県浜松市中区鹿谷町出身の石川倉治なら、「日本点字楽譜の祖」は佐藤国蔵と称えられ、今も、遊佐病院の中庭に銅像があるそうです。なお、美智子皇后陛下も「点字楽譜支援に感謝」されるなど、点字楽譜の普及に貢献されておられると新聞にありました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年10月31日 (火)

10月31日は「宗教改革記念日」

  中国もドイツも、今も昔も世界史に大きな影響を与えている国と思って0000634588051います。
 まず、キリスト教が世界に拡散されたのは、世界三大発明とされる羅針盤・火薬・活版印刷とされ、もう一つ加えるなら「紙の発明」もあるはずで、これらは全て中国で発明されています。特に、活字印刷の発明は中国ですが、ドイツで改良され近代印刷術の祖とされる金細工師ヨハネス・グーテンベルクで1445年頃の開発とされ、世界初の印刷聖書である「四十二行聖書」も印刷されています。
 さて、今日10月31日は「宗教改革記念日」とされ、500年前の1517年の今日、ドイツのマルティン・ルターが、当時、カトリック教会が金儲け手段とした免罪符 (贖宥状)の乱発を批判して、「教会より聖書の教えが一番大切だ」などの文章をヴィッテンベルク城にある教会の扉に「95ヶ条の提題」と貼り出して、宗教改革の発端となった大事件があった日で、ルターが「プロテスタント(抗議者)」と呼ばれたことが、いずれ「プロテスタント」がカトリックと並ぶ存在に発展したとされます。
 また、羅針盤も15世紀末に始まる大航海時代の遠洋航海術を可能にした重要な新技術の一つとされ、これら世界三大発明を有効活用したのは、キリスト教信者の白人たちで、有色人種が平和に暮らす国々に大型船で羅針盤を使って、活版印刷で印刷した聖書を持参して出掛けて、原住民にキリスト教を拡散し、これに反抗する原住民は火薬を使った鉄砲で大量虐殺した歴史があります。良し悪しは別にして、これを可能にしたのは、中国人やドイツ人による世界三大発明があったはずです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10月31日は「ハロウィン」らしいが

  「ハロウィン」も、日本人には仮装してハシャグ祭りとして伝わっていますが、元々は20001031image年以上前からの古代ヨーロッパの原住民・ケルト族の宗教行事で、秋の収穫を祝い、亡くなった人たちを偲ぶ収穫感謝祭がキリスト教に取り入れられたそうで、日本のお盆のようなものだそうです。
 「ハロウィンの日」だけでなく、クリスマスやバレンタインなどの行事でも、これらは他民族にキリスト教が広まる過程で、その民族の都合のいい行事や習慣をキリスト教に取り込み、気に入らない行事は排除した経緯があると聞きます。日本に拡散したのは、戦後、アメリカからの影響が最も強く、更に、ディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンなどで、宗教的要素や本来の意味は抜きにしたイベントとして楽しむ傾向が広まったと言えます。このようなハイカラ好きで、フレキシブルな態度の日本人は、順応性が高いとか柔軟な考えを言いますが、反面、主体性がない日和見とも解釈され、国民性とも見られています。
  ところで、最近心配しているのは、「ヌードル・ハラスメント(ヌーハラ)」を拡散するテレビ番組が多いことです。番組の作りは、外人にはラーメンやソバをズルズルとすする音に嫌悪感を持っているから控えようとする洗脳番組に見えます。個人的には、「何で日本にいて外国人に気を使いながらラーメンやソバを食べなゃならないの」と思うのですが、殆どは「おもてなしの国」だから気を使えと啓蒙しているようです。日本人のフレキシブル(柔軟)な態度に付け入り宗教の拡散手段に使い、日本人がラーメンやソバをすする音にまで外人を使って文句を付けさせ、「日本人は外国よりも劣っている。だから日本人は世界を見習うべき・・・」とする誤った洗脳行為は、長期的には日本の伝統文化が破壊される行為と思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月29日 (日)

都の24区目は「湾岸区」にしたら

 大岡忠相(ただすけ)は江戸町奉行として、「子争い」「三方一両損Tochiarasoi_image3」「大工調べ」などの大岡裁きで知られていますが、最初の裁きは伊勢の山田奉行時代に、紀州藩領の松阪との領地争いで、これまでの山田奉行は御三家の紀州藩に気兼ねして裁けなかった係争に、権威に屈することなく公正に裁いたことが、当時、紀州藩主だった吉宗の耳に噂が入り、後年、吉宗が将軍に就任したとき江戸町奉行に抜擢されたもので、裁きの基本は「複雑な問題こそ単純に」だったそうです。
  さて、東京湾の中央防波堤周辺の埋立地は江東区と大田区が40数年来の帰属を主張しているため、区の所属はOuokasabaki_mage3未確定なことから裁定に都が乗り出し、先日、江東区86.2%、大田区13.8%の調停案を示していましたが、江東区は受け入れ姿勢を示すも、大田区は受け入れない方針のようです。埋め立ては44年前に始まり、東京都は大田区のノリ養殖業者の了解を得て埋め立てを開始したそうで、埋立工事は主に江東区側の道路から毎日大量のゴミが搬入されています。そのため、大田区は「ノリ養殖業者が廃業を余儀なくされた」と主張し、江東区は「トラックと悪臭、ハエの大量発生に我慢してきた」と、埋立地は自分たちに100%帰属すべきと主張してします。
 これでは、誰が見ても簡単に結着が付く話ではありません。
 ただ、東京湾という誰の所有でもない所(実際は国が管理)を都民の税金やゴミで埋立て拡張したのなら、大田区と江東区の二区だけの分配も問題に見えます。埋め立て地は最終的にどこまで拡大するのか不明ですが、それなりの人口や企業誘致、インフラ整備などが見込まれるなら、いっその事、24区目の湾岸区にでも指定したらとも思います。なお『大岡政談』は、政治家としてあるべき姿を求める庶民願望の作り話とされますから、つまり、このようなブログも願望が強く働いているだけのことですから、軽く受け流して下さい。
埋め立て地の調停案を拒否、提訴へ 大田区議会が議決:朝日新聞デジタル

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月28日 (土)

日産に続いて「スバルお前もか?」

  「ブルータス、お前もか?」の名言は、信頼していた身内にまで裏切られるという意味の格言ですが、日産に続いてSUBARU(スバル)でも3020171028_image1年以上前から完成検査員の資格がない従業員に検査をさせていたことは、残念であり驚いてもいます。
 友人に30年も前からSUBARU一筋に乗り継いでいる熱狂的なスバリストがおりまして、最近も、ステカメで常に前方を監視し自動ブレーキなど運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を備えた車に乗り換えたことを自慢していましたが、きっと「スバルお前もか?」と悔しがっているはずです。
 「SUBARU」の前身である「中島飛行機」は、戦前までは三菱航空機を凌ぐ日本最大の航空機・発動機製造会社で、エンジンや機体の開発を独自に行う能力を持つ世界有数の航空機メーカーでしたが、戦後、GHQから航空機の研究・生産を禁じられ、仕方なしに車やミシン、農機具などの分野に進出した経緯がありました。この中島飛行機から自動車分野では、富士重工業(現SUBARU)とプリンス自動車工業(現・日産)が誕生しており、この二社だけは外国メーカーとの技術提携に頼らず日本独自の開発技術の持ち主とされ、根強いスバリストを持つ理由の一つなのでしょう。それが今回の不祥事で信頼を揺らいだことは、何も、日産やスバル車ファンのみならず極めて残念なことです。噂の一つですが、このような企業は外国人労働者を多く雇うようになってから管理が杜撰になったと言われますが、事実でしょうか。 またも、松下幸之助があえて「品質管理」ではなく、「人質管理」を重要視したことを思い出しています。
 群馬製作所で完成検査を受けた約25万5000台のリコール(回収・無償修理)を実施する予定。リコール費用は50億円強となる見通し。取り扱い車種は
•レヴォーグ •インプレッサ •フォレスター •レガシー •XV •WRX •BRZ •EXIGA
•86(トヨタ自動車向けにつくるスポーツカー「86(ハチロク)」)
 このリコールは、正規の新車検査を行うことで新車出荷扱いになるのか??・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年10月27日 (金)

10月27日、松陰の命日に想う

 10月27日は『吉田松陰の命日』とされ、158年前の1859年(安政6年)の今日、20171027image2江戸伝馬町の獄で露と消えた日です。罪は、ペリーの艦隊が浦賀沖に停泊していた際にアメリカ渡航を懇願したからとされますが、実際は処刑の前年、日米修好通商条約という不平等条約に激怒し、老中・間部詮勝暗殺計画が発覚からでした。松陰が激怒した不平等条約は、現在も当時以上の不平等な関係が続いています。
 戦後も1951年(昭和26年)9月8日、「サンフランシスコ平和条約」に調印し、日本と米国は対等の関係に戻ったはずなのに、同時に締結された日米安保条約と日米地位協定によって、軍事的に日本は米国の属国になることに同意していたのでした。その主なものとして、
・「日米地位協定(SOFA)」
 日本に駐留する米兵や軍属の地位を保障  
・「横田・嘉手納、岩国空域(ラプコン)」
 日本の空なのに米軍が航空交通管制権を持つ空域
・「有償軍事援助(FMS)」
 米国の武器を有償、且つ先払いで提供してもらう方式
日本国内の盗聴システムエシュロン(Echelon)」
 米軍・三沢基地に設置された米軍の世界最強の盗聴システム
 のほか、米軍関係者と称すれば、CIAなどのスパイは出入り自由だったり、必要なら米軍は日本国内に自由に基地作る権利も与えられているとされます。
 このような不平等な関係は、「日本国憲法(占領憲法)」、「国連憲章」、「日米安保条約」と表裏一体と言われています。今日の読売三面には、「防衛装備品過払い」と掲載されていましたが、これは、一面記事になるような政治的大事件のはずです。この「有償軍事援助」とは、米国の武器を有償で提供してもらう方式で、先端技術?の兵器を購入出来る反面、現金先払い、価格は米国のいい値、性能は米軍より格下、廃棄や修理・整備を米国が行うような取り決めで、日本には極めて不利な条件です。
 長州の天才・吉田松陰が存命なら何とコメントするのでしょうか・・・・


pic.twitter.com/TVbgTbOGsa

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«パンドラの箱に最後に残った希望?